2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

【INABU BASE PROJECT】1,300フィールド探索&開拓 vol.08 に行ってみよう

三月のプレイベントより約3ヶ月。
数々の準備を終えて再び動き出す、【INABU BASE PROJECT】1,300フィールド探索&開拓 vol.08

再開の狼煙は、もちろん開拓&Rideから。
これがトレイルライドの根幹であり皆様に知ってほしい精神でもあるのです。

MTBという乗り物は、必ず乗るためのフィールドが必要になる遊び道具です。
すでに多くのフィールドが海外はもとより日本にもできつつはあります。
とはいえ、MTBを持つ人全てが楽しめるフィールドには程遠いのです。
「多くの人が安心して遊べる」そんなフィールドは、ただ待っていてもできやしないのです。

だから、作ろう。

みんなで作ろう。

山の中にトレイルを作るという行為は、人力が全です。

ルートを決め。
倒木をどかし。
草を刈る。
そこに数メーターの道ができる。
そしてまた同じことを繰り返し、先に進んでいく。

そして疲れ果てた頃、作った道を使い人里に降りていく。
少しの充実感と疲労感。

それがトレイルビルドです。
それをみなさまにも体感してほしいのです。
なぜなら一度でもトレイルを作ってみると、その後のトレイルの見方が変わるのです。
是非ともそんな感覚を味わっていただきたいと思います。

前回までのトレイルビルドでは、行ってみたいけど足がないとの声もお聴きました。
行きたいけれど足がない方は、諦める前に一声かけていただければと思います。

以下、INABU BASE PROJECTのホームページ転載です。
リンクから参加申し込みをしてください。
どうぞよろしくお願いします。
 
 

【INABU BASE PROJECT】
1,300フィールド探索&開拓 vol.08

マウンテンバイクを用いたツアーなど、稲武地区の自然を活かしたフィールド活用事業の実現を目指し、フィールド調査を実施。調査からトレイルカットなどの開拓ステップにある現在、今回もマウンテンバイクの走行確認も含めて実施。関係者が主体の企画となりますが、マウンテンバイクやグラベルロードなどのスポーツ自転車の専用フィールド開拓にご興味ある方は参加頂ければと。

日  時:6月24日(日) 9:00 ~ 14:00
参 加 費:不 要
持 ち 物:飲食物、作業着、スポーツ自転車、保護具など
受付期間:6月21日(木)締め切り
集合場所:豊田市役所稲武支所駐車場
     ※来訪後、近隣の指定駐車場に案内します

Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント