The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

名は体を表す。

EDGEというカーボンパーツメーカーがある。
カーボン技術の世界はたぶんIT産業のようなもので、
人の知恵が動くと、メーカーの力加減が変わっていく。


EDGE COMPONENTS
NEW RISER BAR
Clump:31.8mm / Sweep:9 / Width:700mm
¥23100
とにかく物質を移動するときに軽量がいいに決まっている。
しかしそこに耐久性を持たせるという、相反する2つの物事を
融合させることが、知恵であり科学である。
結果としてカーボンが今、存在する。
限界に挑み続ける姿勢を絶やさないことが、
彼らがカッティングエッヂに存在できる意味である。

EDGE used by Syndicate, SantaCruz Bicycle
そこを理解した人は使う。
むしろ使いたくなる。


EDGE COMPONENTS
NEW SWEEP BAR
Clump:31.8mm / Sweep:9 / Width:700mm
¥23100



EDGE COMPONENTS
ROAD BAR
Clump:31.8mm / Width:380 & 400mm
¥37800



EDGE COMPONENTS
CROSS
11/8 Threadless / Rake:47mm / 450g
¥73500
ROAD 2.0
11/8 Threadless / Rake:43 & 45mm / 350g
¥69300
Road 1.0 Rake 43mm available
どこまでも軽くなります。
ただそこには使用に耐えうる事が必要です。
ただ軽いだけ、綺麗なだけのパーツ造りは終わりました。
EDGEはカスタムメイド用のカーボンパイプや、
カーボンラグも作っています。
OEMでも徐々に供給が始まりつつあります。
どの立ち位置にいても今後はもっと、
切っても切れない様になると思います。
あなたもEDGEに立って見ると、
今まで見えなかった物がより正確に見えるかもしれません。
kyutai

Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント