自然に身を投じる楽しさは、
自転車も山登りも同じ。

 

始まりました〜ridealive photo exhibitin at circles 3rd floor ’factory'

Tanaka Eriさん(@2komat)がシェアした投稿 –


 
いよいよ2週間後に迫ったRIDEALIVE Vol.1 三重 / “Bike To Hike & Bike”。 昨日よりサークルズ3階ではえりつぃんによる写真展も開催されております。 過去3年間、実際に参加しながら彼女が切り取った瞬間をご覧頂き、少しでもその現場の空気を吸って、願わくはライドアライブという僕らの考える生き方に興味を持って頂けたらと思います。
 
そう、コンピューター上であーだこーだ言ってもしょうがない! 僕らはやはり現場主義であって、この目で確かめないと気が済まない!ということで、木曜日にはキョーヘイちゃん、そしてジャスとともに下見ハイクを敢行するべく、竜ヶ岳を登ってきました。
 

 
心配していた天気もなんとかもって、当日のルートを確認しながらゆっくりハイク。 登り方のコツや身体の使い方など、キョーヘイちゃんにレクチャーを受けながら順調にのぼっていきます。 雨こそ降らないものの、生憎頂上付近は霞んでおり、お目当ての絶景は拝む事は出来なさそうだが、それでも前へと進む我々一行。
 
 
頂上付近はまだ少し雪も残っており、残念ながらご覧の通り視界のない中を彷徨う事に。
 

 
ここでの素晴らしい景色は当日までのお預けのようです。
 
実は、自分にとっていわゆるハイキングは初めてだった今回(自転車を担いで山を彷徨ったことなら経験あり)。 自然を相手にするのだから、きっといつ足を運んでも山はその時々で表情を変えるし、ライドアライブ当日もまた違った姿を見せてくれるのだろうと思うと楽しみでならないわけで、だから僕らはこうやって好き好んで自然に身を投じるんだなという事を考えながら山を降りてきたのです。
 
それは自分の足で山を登っていても、自転車に跨がって峠を越えるときも同じことがいえます。
 
 
だからこの日も、特に気張る事なくいつものライドと同じ考えでウェアを選びました。
 
トップス:【Search And State / サーチアンドステイト】 S3-B Base Rayer
 
ベスト:【Search And State / サーチアンドステイト】 S1-V Riding Vest
 
ボトム:【Deeper’s Wear / ディーパーズウェア】FastPass Baker
 
頂上付近は10℃くらいでしたが、この2枚のレイヤードで十分快適に過ごせました。 頂上で少し留まるならウインドブレーカーを持っておくと良いかなというところ。 登っている時に汗をかいても、メリノのベースはすぐに乾いてくれるし、下りで冷える事もなし。 何より1枚でサラッと着れてしまうサーマルスタイルのベースレイヤーなので、ライド以外にも活躍している一着です。
 
ボトムはキョーヘイちゃんとも被ったファストパスベーカーパンツ。 ライド良し、ハイク良しのマルチタレントなパンツは二人ともヘビーユースしている一本。 僕のはそろそろお尻の擦れが気になってきたのでもう一本買い足そうかと思案中。 キョーヘイちゃんは山での酷使に堪えかねて壊れてしまったボタンを修理という名のカスタムをしてまだまだ履き込んでいます。
 
 
ファストパスというだけあって、汗などの水分を素早く吸い込み乾いてくれるので、これからの時期のアクティビティに欠かせないパンツ。 一見カジュアルなチノパンルックなこのパンツに使われている生地の正体はポリエステル100%。 とても軽く、またストレス無く伸びてくれるので、ライドからハイキングやクライミングまで幅広く対応する事ができるのです。
 

ご購入はこちら

  
来たるベストシーズンに向けて、FastPass Bakerが各サイズ揃って再入荷しております。 また、不動の人気を誇るHigh Kick Jeansも揃っています。 まずは是非一度試着してみて下さい。 ジャンルを問わず、外でアクティブに遊びたいという皆様にとって必ずや気に入って頂けるパンツだと思います。
 

Ride Mie

 
 
すっかり冬が来て寒いなと思っていたら、なんだかまた暖かい気候に戻ったりという日々が続いています。 最近なかなか時間が合わなかったり、体調崩していたりしたからライドにいける時間を作れていませんでした。
 
もう我慢できない。 天気予報は雨。 それでも僕らは遊びにいきたい。 ということで、今回は「三重」にスポットを当てたツアーを企てたのです。
 
 
 
クルーはサークルズしげ・ウェルダンいのっち・僕アリバけいたの3人チーム。
 
 
朝集合した僕らは目的地のいつもの山へ。 ずっとシングルスピードで乗っていたマウンテンバイクに変速機をつけた僕は早く乗りたくてウズウズしていたのです。 雨予報ということもあり、天気にあわせたウエアを選ぶところから面白い。 山はスリッピーなところもあり、難しいところは降りて、自転車を引いて歩くのも良し。気持ちの良い道では思いっきり楽しめればそれで良いのです。
 
がしかし、この日の僕は調子に乗って吹っ飛んでしまいました。笑  軽い怪我でホッと安心。 スポーツ全てにおいてだと思いますが、自転車遊びにも怪我のリスクはいつも隣合わせです。安全に楽しめるように気をつけましょう。 今回は身を挺して感じてきました。笑
 
 
それにしてもシングルスピードからギアードへの変化は、また全然乗り方が違うのでとても新鮮で楽しかったです。 いつも登りきれなかった斜度のキツい坂も気持ち良く乗り切って進むことができるのが快感でした。笑 もっと乗り込んで練習したいです。
 
 
3時間ほどで山遊びをサクッと終わらせ、次はお昼ご飯を目指し上木食堂へ。
三重県いなべ市に11月にできたばかりのお店です。 僕らも日頃よりお世話になっている松本くんの新しいチャレンジの場所。 以前は旅館だった古い建物を改装して作ったお店です。
 
一番の魅力は、そこで使う野菜やお肉などもいなべ市やその近郊で育てた食材がほとんどだということ。 アーリーバーズの食材もお願いしている八風農園の風くんをはじめ若い世代で農家を志して始めた方が何人もいる。 その味も愛情もしっかり込められた食材を、店主松本くんの料理の技術により一層味わい深い料理が楽しめる最高のお店です。
 
 
松本くん自身もピストに乗っていて、バイクスタンドもお店の前に置かれているバイクフレンドリーなお店です。 三重では有名な二ノ瀬峠からも好アクセス。 サイクリストの方も、是非お近くにお寄りの際は行ってみてほしいです。
 
そんなお店で美味しいカレーを頂き、次に向かうは四日市に新しくできたADAPT SUZUKAへ。
 
 
三重の名店モデラートさんで働いていた山遊びの天才キョーヘイ君が新しく始めたのは、彼が普段から遊び尽くしている鈴鹿山系をベースに、そこに集まるモノやコト、生活と遊びをシームレスに繋げ、提案していくコンセプトショップ。 ハイキングやランニングだけでなく、自転車も楽しむ彼は、同世代の中でも遊び尽くしているまさにシーンの重要人物。 そんな彼の新しいチャレンジは、三重のアウトドアアクティビティの情報交流の拠点になること間違いなし。
 
遊びの話は尽きる事なく、次なる悪巧みの作戦会議も終えた頃にはすっかり外は暗くなり、僕らは名古屋に帰りました。
 

 
近いけど、なかなか深く足を運ぶことができていなかった三重。 今回行った上木食堂ADAPT SUZUKAのような新たなお店ができたことによって遊びに行く機会が増えていきそうです。 まだ知らないことばかりの三重の魅力もどんどん掘り下げていきたいですね。 どうぞいろんなオススメスポット教えてください。 むしろ一緒に遊びましょう!
 
1日しっかり遊んで、食べて、よく笑い、そしてちょっと痛い思いをしたナイスな三重ツアーでした。
 
さぁ、次はどこへ行こう。