六月に入りました。

ハッ、気がつけば、もう六月なんですね。

チャリ乗りに優しかった春はあっという間に終わり、
いよいよ、チャリ乗りの永遠の宿敵「梅雨」が待ち構えています。
我々、Circles スタッフも基本的には、雨の日も自転車で通勤しています。
が、雨の日に自転車を乗らない人にとっては、なぜそこまでして雨の日に
自転車を乗るのか首を傾げたくなるでしょう。
「確かに」
でも雨の日は雨の日で、見える景色もいつもと違って見えますし、
匂いも違います。年中雨が降りっぱなしではないので、
たまにはいいんじゃないかと思うのです。
しかし、最近日本各地では、突然の雷雨や、亜熱帯地方顔負けのスコール
も見舞われるようになり、天気予報も当てにできません。
そんな突然の雨の場合、皆さんはどうしますか?
折りたたみ傘もとい、折りたたみフェンダーなるものがあれば、
天候を気にせず自転車に乗れ、かつ、背中に一本ラインを作る必要がなくなります。
さて、この、「Full Windsor」となるものは、ロンドンと、ポートランドに拠点を置く、
デザインカンパニーです。
偶然かどうかは定かではないですが、ロンドン、ポートランドはどちらも
雨が多い街として有名ですね。そんな彼らが、突然の雨に、
パッパっと取り付けれるフェンダーを欲しるのは必然だったのでしょう。
そこで、彼らは、2つのフェンダーを作りました。
まずこちら、
なんと!折りたたみ可能です。
この” Quick Fix ” は、
フェンダー欲しいけど、付けっぱなしはイヤ!
というアナタに打ってつけです。
左右のシートステーと、シートチューブに付属しているボタンを
「パチッ」と付けるだけで簡単に装着できます。
しかも、簡単に半分に折り畳めることが可能で、このフェンダーを
鞄に入れておけば、雨が振っても慌てることはありません。
そして、もう一つの方は、
こちらも、” Quick Fix ” 同様のデザインですが、
こちらは、Quick Fix がボタンで固定させるのに対して、
こちらは、結束バンド (タイラップ) で固定するようになっています。
これまで、様々な簡易式のフェンダーをたくさん見てきましたが、
折りたため、コンパクトになるという点では、過去最高の一品です。
それと、ブランドの名前にもなってます、
「Full Windsor」
上の写真にあるように、何かに似てますよね??
日本語で言うなら、ネクタイの締め方のひとつなんです。
二重太結び、ワイドなタイ専用の結び方です。
まだできたばかりの「Full Windsor」
イギリスをベースとし、アメリカのポートランドにも拠点を置いた
彼らの今後の動きに注目していきたいと思います
==Quickfix 取り付け Demo==

==Foldnfix 取り付け Demo==
==SAL==