2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

swrve冬物入荷中です!

 いやいや、冷えますね、冬ですねぇ。

とちゃんと言えるようになってきた今日この頃、タイミングばっちりな感じにswrveからあったか冬物が入荷してきましたのでご紹介。

(右手前から)
スワーブ冬物の定番、フルジップウールセーター。
セーターと言っても、いわゆるセーターではなく、ウールを使ってはいますが、どちらかと言うとフリースに近い...でも違うんでですよ。
とにかくウールをメインの素材とし、それにナイロン、スパンデックスを混ぜた暖かくてとても動き易い生地を使っています。
しかも生地が密に織られているため、よくあるウールやフリース素材のものよりも風を通し難くなっていて、アウターとしても使ってもらうこともできます。
密に織られているというと、なんか重そうな気もしますがそんなことはなく、スウェットのようなかんじです。
首もとはスタンドカラー、後ろ身頃が長めになっていて、バックポケットが付くというスタンダードな自転車ウェアのカタチです。
ジッパーは、グローブなんかしてても開け閉めしやすいような持ち手になっており、見た目のちょっとしたアクセントにもなってます。(ヒゲが汚い...)
肩にはナイロンテープが貼られていてカバンを背負った時に生地が擦れて劣化し難いよう工夫されています。
ちなみに身長170cmの僕が着ているサイズはXS、しっかりとした生地のスエットなんかを着ようと思うとSくらいがよいかも。
これでサイズS。
身長180cm、名古屋が誇るDaisyMessengherの某GISHI君がサイズMを着るとこんな感じです。
ではでは続いてこちら。
こちらもswrveが定番としてリリースし続けている冬物アウター。
動き易いストレッチ素材、こちらは防風性が高く、保温性もあり、尚かつ耐水性もある、自転車乗りの冬には欠かすことのできない機能をもったジャケットです。
生地の質感はちょっとネオプレーンぽいかも...
丈の前後の長さの差はしっかりと取られています。
生地がある程度しっかりしていると、この差が動き易さやあったかさに大きく関わってくるんですよね。
前傾姿勢をとった時のゴワツキも少なく、隙き間からの風の侵入も防いでくれます。
そう、腰回りが冷えません!
でもがんがん漕いでいると体も温まってくるのは必然。
透湿性の良い生地ではないので脇にベンチレーションもしっかり付いてます。
フードのかたちも独特です。
かぶるとこんなかんじに。
よくあるナイロンアウターより、かなり小振りになっていて顔丸出し。
これだけで顔が外に出ていると視界の広さ抜群、フードが後方確認等の妨げになる事はありません。
雨や風が冷たい!...ってのは我慢して下さい!
でもね、耳はあったかいですよ!笑
首もとも丁度よい高さ。
この”Milwaukee Jacket ES”も定番アイテムではあるのですがたまにはマイナーチェンジもあったりで...今シーズンからジッパーが新しくなっております。
以前まではごく普通のダブルジップでしたが、今回からはスイスのお洒落?ジップブランドririの止水ジッパーにかわりました。(アウトドア専門店でチェックしたところこのジップを使っているブランドが数社ありました)
持ち手もちょっとお洒落なカタチしています!
キャップからパンツまでswrveで揃えてみるとこんな感じに。
僕が着ているジャケットのサイズはS、XSでも着れますが手の長さががちょっとだけ短かいかなといったとこです。
タイトなシルエットが好きな人にはXSがお薦めです。
今回紹介した2点、どちらも単体で着るのはもちろん、合わせて着ればこれからやってくる過酷な冬も問題無しです!
実際上の写真では中に”Full Zip Woll Sweater”を着込んでいます。
僕もこれを着てこの冬を乗切るぜ!と思ってはいたのですが当店T先輩に先を越されてしまったのでどうしようか悩み中であります...
 yanakku
★この商品についてのお問合せはshop@circles-jp.comまで

キーワード

関連記事