2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

RITCHEY Outback 〜踏み入るは未だ見ぬ道の先〜

ハルナツアキフユ。
季節を追うごとに同じ道でも景色が変わり、ホームコースとなるその道だけでも十二分に楽しめる自転車ですが、そのホームをさらに広げたい、走った事のない道を走りたい。
そんな気持ちを産んでくれる自転車をご紹介します。

RITCHEY Outback

ハンドメイド界の巨匠 Tom Ritcheyにより築きあげられてきたRITCHEY。
全てのモデルでインテグラルヘッドチューブを早くから採用し、シャープで美しいフレーム作りが目を惹きます。
その中でも昨今のタイヤの肥大化が著しいグラベルバイクシーンと迎合したRITCHEYが放つグラベルバイクはえも言えぬ佇まいで登場しました。

RITCHEY Outback Frame Set
¥200,000-


サークルズ ではありがたい事に700c、650bの両方でオーダーを頂き組み上がっておりますので一台ずつご紹介させてもらいたいと思います。

RITCHEY Outback Ver.650b Wheel

HandleSimWorks Wonderer
StemSimWorks Rhonda
SeatpostSimWorks Beatnik Seatpost
WheelChris King R45 Disc x WTB(Gorilla Spun)
TireSimWorks Super Yummy 27.5×2.22″
Head PartsChris King Dropset 4
BBChris King Threadfit 30
CompornentShimano GRX RX800
Crank SetEaston EA90
Ritchey OUTBACK 650B Style

我らがスーパーアルバイター”GAN-Chang”が跨がるは、650b仕様のOutback。
その仕様はどんな道も走り抜く為、考え抜いた形が落とし込まれています。
Chris Kingが提供するDrop Set 4はRITCHEYの作るインテグラルヘッドチューブにもしっかりと対応。

実は付属でヘッドパーツがついてくるRITCHEY製品ですが、そこはベアリングに対する信頼からChris Kingをチョイス。

RITCHEY Outback Ver.700c Wheel

HandleWhisky No.7 Al Drop Bar F24
StemRitchey WCS
SeatpostRitchey WCS
Seat Ritchey WCS Stream Saddle
WheelChris King R45 Disc x HED. Belgium+ Rim(CK Wheel Dept.)
TireSimWorks The Homage 700x43c
CompornentShimano GRX RX800
Ritchey OUTBACK 700c Style

美しいそのマットグリーンカラーは、Guac y Crema、日本語にするとワカモレ(アボカドをメインにペースト状にした物でトルティーヤチップスなどをディップして食べる美味しい緑色のアレ)と名付けられている。
メキシカンなカラーネームだとスパイシーな物を想像しがちだが、ワカモレはかなりマイルド。
実はこのOutbackもどんな道もアグレッシブに走っちゃうぜ!なルックスとは裏腹に、その実リアバックが長めに設定されている為、乗り味は安定し、オフロードでもマイルドな乗り味を提供してくれます。

多くのマウント

幅があるのはタイヤのみならず、昨今のハードパッキングにももちろん対応しています。

ダウンチューブ下に配置されるボトルマウントに始まり、新たにデザインされたカーボンフォークには片側3kgまで荷物を縛りつけるケージマウントが。
フェンダー、ラックマウントも当然のごとく配置されています。
フェンダーを纏ったその姿はなんだか凛々しい。

これからも訪れる春夏秋冬、どんな季節、どんな場所でも楽しめる気持ちを引き出してくれるそんな一台。
それはトルティーヤチップスでワカモレを掬い、ビールで流し込んでる時に思いつくような、そして本当に欲しくって作ったような自転車。
今ときめいているRITCHEY Outbackかもしれません。

関連記事