一石二鳥

いきなり問題です。
下の二枚の写真の違いは何でしょう?

簡単ですね。
答えは、クランクが付いているかいないかです。
驚く事なかれ、
上の二つの乗り物は同じ物なのです。
こちら、From Germany 
「Rennrad」レンラッドは、
「Step Bike」と呼ばれる、今、大人気の
「Push Bike」を進化させた乗り物です。
巷では、「Push Bike」「Balance Bike」「Run Bike」と呼ばれる
これら乗り物はどれも同じモノを指しています。
そして、この「Rennrad」は、
「Push Bike」+「Bicycle」
両方ついた乗り物であります。
それでは、
まず、どのように変化していくのか
見てみましょう。
これが、ペダルが付いていない状態の Push Bike (写真は14inch)に、
こちら、キモとなる部分のクランク部分を、
下に伸びている部分の先端に、
先程のクランク部分を差し込んで、
ボルトを締め付けたら、
こんな感じに、
立派な子供車に早変わり!
しかも、お父さん、お母さんが、
子供の自転車に取り付けたいモノNo.1 のキックスタンドも
標準装備ですよ。それと、写真のように、
チェーンケースも付いてますので
ズボンの裾がチェンに絡まる心配もありませんね。
ブレーキレバーもですね、
写真ですと分からないと思いますが、
非常にハンドルとレバーの距離が近いので、
手の小さなお子様でもしっかりブレーキをかけることができます。
後ろブレーキは、非力なお子様にピッタシの
コースターブレーキで楽々ブレーキング。
Rennrad
気になるサイズは、
14inch (左) は、身長95cm以上、股下40cm程度  ¥27800
18inch (右)は、身長105cm以上、股下45cm程度  ¥31500
ここが重要なのですが、
お子様がしっかりと両足が地面に届いていることが大事です。
まずは、ペダルが付いていない状態で、
両足をしっかり地面につけ、乗ったまま歩かせてみてください。
2~3 日でスイスイと乗ってしましますよ。
※その時お父さん、お母さんが子供に追いつくのが大変です(笑)
その後、両足を離して乗ることができれば、
バランスがとれている証拠です。
そしたら、いよいよペダルをつけて走りましょう。
ペダルを漕ぐことを教えてあげれば、
いよいよ自転車デビューです。
それじゃあ、
補助輪はいらないの?
その為のバランス感覚を養うPush Bikeなのです。
一台で二役のこれさえあれば、
お財布にもやさしいですし、
長く付き合うことができますよ。
あとは好き勝手に乗りこなしますよ、
だって、子供なんですから。
==SAL==

Circles
Circles

名古屋の自転車屋、Circlesです。This is Circles Bike shop in Nagoya Japan.
Circlesの記事一覧