TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

Quest for the Electric Queen!!

  


 
夢にまで出てくるほど何かを意識したことはありますか?
 
このムービーを見ると意識してしまいますね。
 
ALLCITY / オールシティーよりリミテッドモデルとしてリリースされたElectric Queen / エレクトリッククイーン
 
ありとあらゆるスチールバイクを研究しきった上で、綺麗なスチールバイクを組もうという意志が強いオールシティー。 オリジナルのチュービングを開発するなど、その目的や用途に合わせて適切なチュービングを選択し、良い意味でかゆいところに手が届く絶妙な車種設定で、日々楽しむことを前提とし、アーバンサイクリストの文化を発展させていこうという彼らが、新たな選択肢として提示したのは、マウンテンバイクでした。
 
 
27.5+のタイヤを呑み込み、Boost規格のオリジナルリアエンド、そしてドロッパーポストを入れた時にも綺麗なワイヤリングができるよう、ステルスドロッパーポストルーティンのホールも備わっているという、まさに現代において楽しむを主眼としたマウンテンバイクの必要な部分というのをしっかりと押さえているわけです。
 

 
リミテッドモデルということで、独特のカラーリングと、1本1本異なるインクを飛ばしたようなスプラッターペイントが目を惹きます。 登りも下りも万遍なく楽しむことができ、マウンテンバイクの今をしっかりと読み取って作られたファンツール。 27.5+タイヤでのトレイルライドはもちろん、29″タイヤ+リジッドフォークにしてバイクパッキングを楽しむことだってできるバイク。 その特徴的なペイントスキームとは裏腹に、初めてマウンテンバイクでトレイルを駆け抜けるという方にとっても親しみやすいジオメトリーが隠れた特徴です。
 
サークルズには、SサイズとMサイズのフレーム単体で入荷します。
・フレーム単体価格:99,800円(税抜) / 1月上旬入荷予定
 
 
土の上を駆け抜ける感覚は、一度知ってしまうと病みつきになります。 あなたにとって今までとは違った新たな世界への冒険のカギは、このバイクが握っているかもしれません!
 
※ムービーに出てくる人たちは、プロの演者ではありませんが、プロのライダーです。 良い子はムリに真似しようとして怪我をしないように♡
 

 

Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント