未来は今。

コーエン兄弟だったけ?
たしか?
好きなんだよ。 彼らが。
 
昨日なんか“バーバー”借りたし。
Fright BaggageのTravisも、自身のベストムービーは、
“ビッグリボゥスキー”だって言ってたな。
全然関係ないね。 自転車の事とは。 
だからいいんだけど。







Independent Fabrication
Steel Crown Jewel
For Personal Custom Order
なんというか、生まれのよさって言うか、育ちのよさって言うか。
一つ一つの細部までに、丁寧さ、確かさ、愛情が垣間見れる。
むかーしむかしの自転車達はこんな感じのばかりで、
見るたびにウットリ出来たんだろうな。
だからといって、むかしの物なんかばかり有難がったり、
収集する気なんかもサラッサラ無いです。
(おっと、安けりゃ良いよ。安けりゃね。w)
「取り込みすぎた人々は、過去を簡単に取り込もうと必死になる。 同じ事の繰り返しを、また違う土壌で繰り返し、果たして何が残ったのか。自問自答の時間も無駄だと信じ込み、すべての事を忘れ去る。そしてまた必死に次から次へ。それが今の姿。簡単に理解できる事などなく、ましてやお金で解決できる事も多くは無い。だからこそ真っ当に直視する。」 
昔があって今があり、今があって未来がある。
これは必然のことなり。
でも、まずは今だよ。   今。   
必死になってごらんよ。  今。
kyutai