2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

【BIKE FRIDAY】Flat Bar Pocket Rocket

BIKE FRIDAY / バイクフライデーは1992年にオレゴン州のユージーンの小さなガレージで、アラン・ショルツとハンズ・ショルツ兄弟によって生み出されました。

バイクフライデーの”フライデー”って”金曜日”って思われがちですが、実は「ロビンソンクルーソー漂流記」に登場するキャラクターで、愛すべき親友であり、有能な相棒である”Man FRIDAY”から着想を得て付けられた名前だって事はご存知でしたか?

「世界中を旅する冒険者たちに、なくてはならないベストパートナー」と言う意味が込められているんですね。

そんなバイクフライデーのロードバイクモデルのポケットロケットをサークルズオリジナルアッセンブルで組み上げましたのでご紹介いたします。

【BIKE FRIDAY】 Pocket Rocket / ポケットロケット
サークルズオリジナルコンプリート

¥200,000-(税抜)

マットブラックカラーのポケットロケットのフレームにSHIMANO SORA R3000シリーズのロードコンポーネントを用いてフラットバー仕様でアッセンブルしました。

このポケットロケットは毎日の通勤通学はもちろん、少し足を伸ばしてサイクリングに出かけたり、輪行で行ってみたかったあの街にアクセスしてみたりと、日常から週末のちょっとした冒険まで常にあなたと共に走れるようにと思いを込めて組み上げました。

どんなスタイルの服装であっても走りやすいように、クランクにはパンツの裾の巻き込み防止やフォールディング(折りたたみ)時のチェーン落ち防止になるチェーンガード付きのクランクでアッセンブル。

グリップは濡れても滑りにくいWTB テクニカル トレイル グリップ、サドルはロングライドでもお尻が痛くなりにくいファブリックのサドルをアッセンブルし、長い時間、長い距離であっても快適に乗れることに重きを置きました。

そしてタイヤは丈夫で長持ち、そしてよく転がる安心のパナレーサー ミニッツタフをチョイス。

小径車でフラットバーでありながらもロードバイクのようなスピーディーな走行性、爽快感を約束いたします。

フレームが備える折りたたみの機能は、基本的にはクイックレバーでワンタッチ。

自転車の走行時にどこに力がかかるのか?
どんな折りたたみの仕方が、使いやすいのか?
どんな素材を使うことが、より長持ちでかつリーズナブルであるか?

その答えは、一朝一夕には出なかったでしょう。
ただ、それを追求してきた結果が、バイクフライデーが世界で愛される自転車になった理由であると思います。

バイクフライデーは折畳み時、車体を折畳み、ハンドルポストを引き抜きます。折畳んだ状態でロックする機能はありませんので、ベルト等で固定します。

その他の多くのブランドのフォールディングバイクには折り畳み時にロック機能が付いています。 もちろんこの機能は折りたたんだ時にしっかりとホールドしてくれて持ち運びにとても便利なのですが、その決められたフォールディングシステム故にカスタムの選択肢が限られてきてしまうのも事実です。

ハンドルやシートポストが専用品であったり、外装変速が取り付けられなかったりと。(バイクフライデーのモデルによってはオーダー時に外装変速仕様、内装変装仕様、ベルトドライブ仕様といった選択もできるのです!)

バイクフライデーは、収納時に1番邪魔になるハンドルを、フラットバーはもちろん、ドロップハンドルやブルホーンバーに変更したとしても、ホールド位置や角度をアレンジしてベルト等で止めることでコンパクトにまとめる事ができるのです。

このバイクフライデー / ポケットロケットはあなたにとって最高の相棒になってくれる事間違いなし。

もちろん即納可能ですので、ゴールデンウィークのお供にいかがでしょう?!

さぁ、今すぐバイクフライデーで出かけよう!

【Bike Spec】

メインフレーム:BIKE FRIDAYPocket  Rocket トップチューブ長:540mm
ハンドル:NITTOB2525AA
ステム:BIKE FRIDAYGooseneck
メイングループセットSHIMANOSORA R3000 2×9
ハブSHIMANOHB/FH-RS300 32H
リムALEX RIMDA22
タイヤ:PANARACERMinits Tough(23×451)

*このBIKE FRIDAYのペダルが含まれておりません。 
*この仕様は予告なく変更されることがあります。

関連記事