2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

BS ANCHOR

BRIDGESTONE(BS)
皆さんご存知の日本が誇る世界のブランドです。
車のタイヤや、ママチャリなどは、おそらく誰もが一度は、
御覧になったり、乗ったことがあるとおもいます。
そんなBRIDGESTONEが、スポーツバイクを本格的に
開発に取り掛かったのが90年代半ば頃。
『BRIDGRTONE ANCHOR』の歴史の始まりです。
ANCHORブランドが発表された当時、
日本では、海外メーカーの自転車に夢中でした。
当時勤めていた自転車屋でも舶来物中心とした
自転車が幅をきかせていたと記憶してます。
そんな中Team ANCHORが発足し、
Road. MTB Cross Country. DH. Cyclo Cross.
全てのカテゴリーでTeamを所有し、
国内最強といわれ、知名度も上がりました。
ANCHOR不変のテーマ『人(選手)を知ること』
バイクを走らせているのは、人であります。
どんな高性能なバイクも、乗り手にマッチングしてないと
性能は発揮されません。
ANCHORは、ライダーからの要望や、
ライダーの感覚などの曖昧な解釈を数値にして、分析し、
乗り手の力を最大限に引き出すことを目指し、
いまなお、開発は続いてます。
それは、フレームサイズはもとより、
パーツアッセンブルの選択(ステム長、ハンドル幅、差額にてホイールなど)
そして、カラーチョイスまでできる(全てではありませんが)
に反映されているとおもいます。
それができるのも国内メーカーならではないでしょうか。
近年は、自転車のニーズの多様化から、
今まで、Race色が強いANCHORからも、
『Sports Utility』というカテゴリーが生まれ、
気楽に、楽しく乗る自転車もリリースされるようになりました。

BS ANCHOR C5 (Green/49cm) ¥69800

BS ANCHOR C5 (White/46cm) ¥69800


泥ヨケも取り付け十分なクリアランスを確保し、
もっと太いタイヤが取り付けれそうです。(700x32c)が付いてます。
細身のクロモリフレームで32cの少し太めのタイヤで、
Looksも素敵です。
季節は冬です。
こんな時期に自転車なんて・・・・
と思っている方も多いことでしょう。
夏は諦めてください(笑)
そして、おもいっきり汗をかいて走ってください。
どうにもなりません。
冬はというと・・・・
それは、こんどのウエアの紹介でわかります。
きっと、冬でも乗りたくなるはずですから。
==SAL==

キーワード

関連記事