【SEVEN CYCLES】あなただけの特別を。

“オーダーメイド”というものに自分自身が出会い、強く惹きつけられたのは自転車に乗り始めてからでした。初めて購入した自転車はチネリのアルミロードバイクでしたが、もちろんその当時はフルカスタムオーダーメイドという存在さえ知りませんでした。

これは自転車だけに限った話ではなく、それまでは既存の製品を当たり前のように手に取り、当たり前のように使っていました。 左利きということで困ったことも何度かありましたが、自身で使いやすように改良したり、工夫して使うことができていたので、そもそも道具に対してオーダーメイドで自分専用のものを作るという考えが全くありませんでした。

そもそもフルカスタムオーダーメイドとは、オーナー唯1人のために1から作り上げていくもので、フレームはもちろんのことアッセンブルするパーツも含めた1台を提供するということです。 身体測定や今まで乗ってきたバイクの設定の数値はもちろんのこと、過去のスポーツ経験、怪我や持病など関係ありそうでなさそうなことでも、1つの判断材料とさせて頂くことになります。 そしてその情報が1つでも多い方が、より完成度の高い1台に近づくこととなるのです。


フレームビルダーから見るSEVEN CYCLESの魅力

ビルダー、そしてレーサーとして活動していく中で見えてきたことがあります。
シムワークスやサークルズから旅立っていくセブンに触れ、時にはセブンに乗られるオーナーとライドでご一緒する機会にも恵まれましたが、フレームから放たれるオーラには決して一言では言い表せれない美しさがあります。

フレームビルダーである自分自身でさえ、いやビルダーだからこそとも言えるかもしれませんが、私にとってセブンはいつの間にか特別な1台となっていました。 間近でフレームに触れる機会が多いというのも憧れる理由の1つではありますが、もし自分自身がセブンと同じようなバイクを創り上げようとしても、現時点ではそれが困難であるというのもその理由の1つと言えるでしょう。

その域に達するには圧倒的に年月と経験値が私には足りません。 セブンには今まで作り上げてきた車体とそれに乗るオーナーの膨大なデータが蓄積されており、そこから得た経験値や優れたデザイン能力、溶接技術など、ありとあらゆる面において抜きん出た存在なのです。 またそれはセブンの組織としての強さ、多くな優秀なスタッフが集まる工房だからこそ辿り着ける領域なのです。

チタンのチューブ素材からつくる

またセブンは、自転車のフレームにはチタンチューブを用いることが一番理想的だと考えます。 チタンは高価な材料であり、扱いには非常に多くの専門的知識と技術が必要となりますが、鉄の2倍の強さ、素材の軽さ、加工性の高さ、耐久性の良さなど、様々な特性を備えています。
そしてそれを用いることで、優れたドライブトレインの効率性とねじれに対する剛性を維持することを可能とし、理想の走りを提供します。 スチールバイクの制作をやめ、ラインナップをチタンバイクのみに絞ることで、真に追求していくものをより明確なものとしました。

更に、私を含めほとんどのフレームビルダーはチューブメーカーから販売されてるものの中から適正なものを選択し採用するのですが、セブンは自社でチューブから作り出し、更には作り出すバイク1つ1つのチューブに適正なバテッド加工も可能としています。

ビルダーとしてセブンが生み出すアイデアや形から得るものは膨大にあり、それはもはや尊敬とともに1つの目指すべきところ、目標にしたい存在だと思えるほどです。

いつかはセブンの工場を訪ね、間近で見てみたい、そんな願いが叶うのならば、それほど嬉しいことはありません。

 

セブンのアイデア、ノウハウは常に進化しています。積極的に新しい技術を取り入れ、改良を重ねながらも揺るぎない思いや考え方があるのです。

【SEVEN CYCLES】
Inspiration and Ideas

PRICE : ¥440- (税込)

そんなセブンのモノ作りに対する情熱が込められた想いが詰まってるブローシャーも発行されています。もはや哲学書とも言えるほど、何度も読み返したくなる一冊です。少しでも興味を持っていただいた方にはぜひ手にとっていただき熟読してみてください。

あなたが求める最高のバイクとはなんですか?
あなたが望むならばどんなスタイルのバイクであってもセブンならば乗り方さえも導き出してくれるはずです。

我々が出来ることはあなたが思い描く形をより理想に近づけるためお手伝いをさせて頂くことです。今までの経験、どんな道を走り、訪れたいかなどどんな些細なことでも構いません。あなたの想いをぜひ教えてください。


そんな私の最高の相棒、KellCruis(ケルクルス)も世界でたった一つのバイクとして作られたたものです。次回はそのKellCruisについてお話させて頂きたいと思います。