2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

RETRO SHIFT

Portlandからやってきた今年一番のギミック、Retro Shift

retro shift

retro shift
Retro Shift Mud-proof Shifting Brake lever “One” 9000yen-sold out!(近日入荷予定!!)
フロントシングル用の”ONE”はこんな見た目になります。
シフトワイヤーの角度も絶妙でクール。
retro shift
リリース前から話題になっていた、Tektroのブレーキレバーを加工してシフトレバー台座を取り付けたそのフォルムは全く悪い意味ではなく、まさにギミック。ハイセンスです。
Portlandで作られ、足される部品は精度・デザインともに申し分なく、主流であるTaiwan製の自転車部品に新しい価値観を提示しています。
レトロシフト
そのアイデアは完全にDIYで、つまりカウンターと言うことです。
retro shift

実際に動かしてみます。

このようにブラケットを持つ位置を変えながら親指や人差し指で操作します。

当然、動き自体にギミックはなくかなり感覚的に、自然に動かせるので特に気になりませんし、それが楽しいです。
オートマチックではなくマニュアルな操作感です。
“ONE”は品切れですがこちらは在庫ございます。

レトロシフト
こちらはShimanoのバーエンドコントローラをつけたイメージです。

retro shift
このようなアイデアが生まれてきちんと形になるPortlandと言う街のペダルパワーが感じられるパーツです。
シクロクロスシーズンはもうそろそろ終わりですが、レースだけではなく、むしろ街乗りでガシガシ使っていただきたいものです。
性格的にCrosscheckやLong haul truckerなんかにベストマッチすると思いますよ。
今日、日曜日実際に試乗していただけますので気なっていた方は是非お越し下さい。

キーワード

関連記事