TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

Chris King No Thread Set

正直に告白します。

私が自転車業界に入って、間もない頃、
この「Chris King」という Headset に対して、
抱いていたのは、
「高価」「俺には必要ない」「何だっていい」
まあ、ガキでしたので、使いもせず、御託を並べ、突張っていました。
でも、心の中では知っていたのです。
「使い切る自信がなかった」と……..
そうなんです。
この小ちゃいパーツに対して何故大金を払わなければならないのか?
若かった自分には分かりませんでした。
当時、DHバブル絶頂期。
私も富士見パノラマに毎週のように出かけ、
毎度毎度ヘッドパーツで悩まされていた過去があります。
一回下ることに、ヘッドが「ガタ」り、
(当時は、ヘッポコメカニックでしたので、ヘッドばかりが原因はないと思いますが)
いい加減愛想付かしたので、
人からの勧めもあり、
その「高価」なモノを使ってみることにしたのが始まりでした。
私は、遠回りをしてこの Headset にたどり着きました。
結果として、自転車屋としては、いい経験だったと思います。
「自転車を乗る」ということを考えた場合、
ストレスを感じなく普通に乗れるのがベストであるわけです。
Chris King に変えられる方の中には、高価だし、
何か劇的に変化があるのかと期待する方もいますが…..
期待しないでください。
重要なのは……. 例えば、こんな表現はどうでしょう。
「そういえば、この Headset に交換して結構時間が経つけど、
ヘッドのガタなど気にならないな~」
あたかも King が付いているか分からなくなるこの感じが重要で、
ライダーの余計な心配をなくすのです。
そして、極めつけは、
10-year warranty」 10年保証です。
最近は、「110年保証」の Headset も存在しますよね?
正直自分が使うのであれは、
よりリアルな「10年保証」の方はググッときてしまうのは
私だけでしょうか??
110年後はもういませんから。(笑)
※Chris King のHeadsetに関する詳しい説明は、Webshop に記載してあります。
   写真したの商品名をクリックしていただくとwebshopに移行します。
==SAL==
Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント