TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

読書週間

昨日と打って変わって、今日は、どんより曇り空。

先々週の「Velocity Tour」昨日の「Tour DE Mie」も終わり、
小休止といったところでしょうか。
梅雨入りして、
雨が多くなり、思うように自転車に乗れなくなるこの時期、
せめて、頭の中では自転車に乗り、
まだ来ぬ夏に思いを馳せ、
読書に耽るのも良いのではないでしょうか?
おなじみの「Rouleur」が発行する Mountain Bike の読み物。
「Privateer」
~ The magazine for riders who already know the obvious ~
    すでに明確なことを知っているライダーの為の雑誌
そんなことを書かれると、腰が引けてしまいますが、そんなことはありません。
手に取りページを開けると……前にもこんなフレーズを書いた記憶がありますが、
興味深いアングルで我々読者を夢中にさせてしまします。
GB first international woman downhiller  “Helen Mortimer” 
Story of Successful company “Cane Creek”
今回の私一押しの「Cane Creek」の特集。
「Rock Shox」「Aheadset の市場の開拓」「Hayes」「Onza」
4つのキーワードとCane Creek との関係。
気になりませんか?
そこから先は買ってからのお楽しみです。
そして、
創刊から既に31号目となりました
おなじみの「Rouleur」
プロレースはもちろんのことなのですが、
レースレポートのような物はいっさいありません。
華やかに見えるレースシーンの裏側であったり、
彼らを支える裏方にフィーチャーしたりと、
読み手の興味をくすぐります。
美しい写真に定評があるこの雑誌は、
他の雑誌では、汗水たらして、鬼の形相で駆け上るクライマー、
ゴール周辺でのスプリンターのダッシュなどはよく見かけますが、
ベンチに腰をかけるツールの王者は他では見ることはできません。
Woman’s 5 stage race in the Czech Republic
これら二つの読み物は、
最新車種、最新機種などの旬な物は掲載されていません。
よってこれら二つには賞味期限がございません。
何を伝えたいかといいますと、
洋書ですけれども、是非読んでほしいということです。
店頭にはバックナンバーもございますので、
お客様自身が興味のある特集の物を見つけ、
まず、面白そうだなと思う記事だけを辞書を片手に、
読んでみてはいかがでしょうか?
(Google和訳なども結構つかえますよ。)
英文を読むのは正直疲れますが、
他では得られないものがこの2冊にはあります。
梅雨の読書を是非お試しください。
==SAL==
Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント