あるのとないのと。

シガちゃんのロードシューズ。
 

ロードバイクにロードシューズであろうと、どこでも突っ込んでいくシガちゃん。
当然、乗車が出来ない道が現れれば、歩く。担ぐ。また歩く。
ロードシューズでそんな事を繰り返せばもちろんクリートはボロボロに。
 

クリートの保護や、ロードシューズでの歩きにくさを少しでも軽減したい時。
そんな時はこれ。

SHIMANO CLEAT COVER/シマノ クリートカバー ¥1,500(税抜)

実はコレ、知らなかった人が多かったです。
今更の紹介で本当にごめんなさい。
 
シマノSPD SL用のクリートカバーって他社で色々あるけど、やっぱりシマノにはシマノで。
ラバー素材で滑り止めにしっかりとトレッドパターンが切ってあります。さすがシマノ。
 

 

使ってない時はこんな風に左右ピッタンコもできます。
サドルバックにもジャージのポケットにでも忍ばせておいて下さい。
必ずあって良かったって時が来ますよ。
 

ビンディングシューズでお店に入る時にも、クリートカバーを取り付ければお店の床を傷付ける心配もなくマナー的にも素敵だなって思います。
コレがあるのとないのとでは”えらい”違い。
 
※”えらい”とは名古屋弁で”ものすごく”と言う意味でも使われます。

JUS
伊藤誓悟

中、高、大学とラグビー部。大学の時左アキレス腱が断裂してくれました。リハビリで自転車に乗り始めたのがきっかけで、気づけば僕はここにいます。 前職はスポーツジムのインストラクターをへて整体師。CRC専属のトレーナー&メカニックとしてチームメイトが日本で、いや、世界で活躍できる様にサポートするのが僕の野望です。 カラオケでの尾崎は絶対に自分が一番です。
伊藤誓悟の記事一覧