about bicycle. about society.

自転車という事を考えてみる。

考えすぎだと、時に弄られ。

偏りすぎだとやんわり叱られる。

偏屈な乗り物に憧れていた昔の自分を想像の元に。

その昔はとてもとても貴重な移動手段。

ちょいと昔は乗り捨てのゴミ。

今は社会に対するアンチテーゼなのか?

じゃあ未来は何処にあり、何になる。

現在になっている場所もある。

未来になりそうに無い場所もある。

信じている人もいる。

勝手にやれと人も言う。

深みの先に感謝や痛みが感じれるならそれで良い。


Nitto
MX-7
O/S Clump:22.2mm
¥5770

単純なものがカッコいいとよく言われる。

1枚歯が良いらしい。

シンプルはカッコいいらしい。

1枚は楽しすぎるからなのか?

1枚は寡占に対するアンチテーゼだからなのか?

社会がただ単純に複雑だからなのか?

1枚はママチャリなのだ。

10枚歯も良いらしい。

テクノロジーの先に単純明快な物事があればいいのだが、

人は必ずターミネーターを創るであろう。

それも悪くない。

創ったものに殺されることも。

そして後悔は出来ないことも。

そして10枚ですらママチャリなのだ。 


Nitto
MCR-63 (90mm&100mm)
O/S Clump:25.4mm
¥4720



Nitto
MT-85 (115mm)
O/S Clump:25.4mm (made for ARAYA)

だからこその意味を考える。

だからこその無意味も考える。

生かすことも考えて、生かされることも感じる。

そこに対する五感があれば楽しめる。  

感じる。

考える。

楽しむ。


Nitto
B805 CRMO (585mm)
¥2620

1人で遊ぶ物だからこその意味。 

意義。

だからこその人。 

社会。

無駄な喧嘩をわき目に、

過去の遺産はあなた達が作ったんだと野暮なことは言わず、

再生をめざす。

進みませんか?

楽しんで、傷ついて。

遊びませんか?

楽しんで、傷ついて。

戦いませんか?

楽しんで、傷ついて。

もう逃げる場所は無いのだから。

kyutai