予約制で営業中(来店WEB予約ZOOM相談COVID-19対応について
2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

【SW NISSEN】Wired Wire Magic!!

さて、みなさま。
ブレーキやシフトのワイヤーって気にしたことがありますか?

サークルズではSHIMANOさんのケーブル、ワイヤー類を定番として使っていますが、SimWorks by NISSENのケーブル、ワイヤーも扱っています。
僕はこのNISSENのワイヤーに衝撃を受けました。

もちろんシマノのワイヤーはワールドスタンダード(?)なだけあって、特に特筆する様な不満もありません。

強いて言うなれば、硬い。

これを言えるのもニッセンのワイヤーを使用してからなのですが。。。

ブレーキやシフトのワイヤリングでどうしても急なカーブを描いてしまう場合があります。 そうなると硬いワイヤーの場合、”張り”が強い為アウターワイヤーとインナーケーブルが強く擦れてしまい、ブレーキレバーのタッチ(レバーを握った時の感触)が著しく低下してしまいます。

しかし、柔らかいワイヤーを使用するとこの”張り”が緩和され、軽いブレーキタッチが得られるのです。

アウターワイヤーはとにかく柔らかいのでタイトのワイヤールーティンが必要な場合は本当にお勧めします。 そして何より感動的なのがインナーケーブル。
見てくださいこの枝垂れ具合。

同じ太さのインナーケーブルなのですがケーブルを作るためのワイヤがその他メーカーさんのほぼ二倍の量を使っているのでしなやかに動いてくれるのです。

細い糸で作った縄の方がしなやかな縄になりますよね。
このしなやかさがブレーキやシフトのレバー操作に直結してくるのです。

軽い力でレバーを動かす事が出来るのでレバー操作による疲れも軽減されるのはとても大きなメリットです。

長時間乗り続けると意外とダメージが有りますよね、ジャブみたいに。
(ジャブを打たれ続けた経験は有りませんが。)

バイクのアップデートとして体感しやすい部分の一つだと思いますので、体感したいと思われた方は是非体感してみてください。

もちろんカラーも豊富にご用意しておりますので、カラーの選択肢としても良い担い手となってくれるかと思いますよ!

関連記事