ブレーキあれこれ for SSCX.

いよいよ今週末に迫ったFSCX、一昨日の試走会は CXマスター・マコトのシケイン越え講座もあったそうで楽しかったみたいです。

ギア比を落としたり、タイヤ変えたりとみなさんいろいろと準備し始めています。

そしてそのFSCX、 性質上?シングルスピードが多いです。Surlyの Cross checkはもちろん、シングルスピードのSteamrollerをはじめ, Kona Paddy wagon, Salsa Casseroll, Soma Rush…, これらは30C以上のシクロクロスタイヤが履けるのですが、中には競輪ピストで走るツワモノもいました。

さてそんなナイスなフレームも、普通のロード用キャリパーブレーキでは太いタイヤが入らなかったり、仮に入ったとしても泥詰まりして使い物になりません。当然カンチもVブレーキもつきません。
そこでこちら、
Paul Racer Brake

Paul Racer Brake
Paul Racer Brake Front/Rear 各16800yenや、

grancompe center pull brake

grancompe center pull brake
Gran compe Center Pull Brake 10500yen(set)

センタープルブレーキはタイヤクリアランスが大きく、制動力がコンディションにあまり左右されないのでシクロクロスのみならず普段使いにもお勧めです。
しかもこの2点、CNC加工が美しいのはもちろん、制動力もばっちりあります!

IRD CROSS FIRE
ちなみにこの赤いタイヤ、IRDのCrossfire、Panaracer Fire XCのシクロクロス版ですが、値下げしてます。4720yen!. 軽くてリーズナブル、オススメです。

ブレーキ本体はこれでいいとして、さてとブレーキレバーは何を使いましょう?
リーズナブルなシマノ・テクトロもいいですが、ここは手を抜きたくないという向きには、
Campanolo TT Barake levers
Campanolo Record Carbon Brake Levers 

なかなか見ないカンパのエアロレバー、1セットのみあります。
Cane Creek SCR5C 
Cane Creek SCR5C

ケーンクリークのショートレバータイプ、アップライズなポジションのシクロクロスにはショートレバーがベスト。トカゲロゴのラバーブラケットもクールです。

SurlyやSalsa, Konaなんかはひとつのフレームでいろんな遊びができるものが多いです。
この冬はCXコンバートしてみませんか?

salsa casseroll
Salsa Casseroll CX(これはシングルではないですが)