2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

Try Me!

何やら、『Black Box』と書いてある箱が届きました。
おっ、蓋を開けると、サドルが3つ入ってました。
ひとつ見慣れない色(エヴァ初号機風)が気になるところ。
『Test』書いてあります。
つまり、こちらのサドルを使って、
乗って、座って、感じてくださいという、
Test Ride Saddle(試乗貸し出し)用なので、
色が違うのです。
Fizik Tundra 2( k:ium rail)  ¥15290
Tundra 2 Test Saddle
ご存知の方もいるとおもいますが、
Tundraサドルの2代目でありまして、
1代目のTundraと比べると、
1.軽量(1代目より、20%軽い、190g)になりました。
2.快適(1代目のパットよりも、さらに柔らかく、シェルも剛性アップ)
ていうことは、まいどまいどのシクロネタですが、
飛び乗ったりするシクロクロスにいいんじゃないかとおもいます。
個人的に思うのが、最近のサドルブランドは何か元気がないというか、
なんて言ったらいいんでしょうか、『おっ!』と感じて、
おもわず付けてみたい!というのがあまり無いなか、
Fizikは、例えば、動物柄(牛、蛇)だったり、フェイクファーを
用いてのチェック柄や、プロレーサーのシグネチャー物
(シモーニ、クネーゴ、バッソなど)を手掛けて、
新しい物がでるたびにワクワクさせる
数少ないブランドではないでしょうか。
今回のTest Saddleみたいに、実際にサドルは使ってみないと
わからない部分があるので、実際に自分の自転車に付けてみて
乗れるというのは、買う側にとってうれしいことだとおもいます。
(年々サドルの価格は上昇してますし)
ユーザーにとってサドル選びは、一種の博打のようなもので、
それを打開すべく、Fizikは、ユーザーを動物(ヘビ、カメレオン、ウシ)
に例え,自分がどのタイプなのかがわかる『Spine Concept』
となるものを打ち出し、自分がどのサドルに適しているのかが
わかるシステムを打ち出しています。
(こちらの説明はまた後日にしっかりしようとおもいます)
では、このTest Ride を使いたい方Circlesでスタンバッてますのでお気軽に。
そして、あすの夜は、サッカーアジアカップの準決勝の
日韓戦ですよ。親善試合ではないガチな戦いで両者が戦うのは久々です。
無条件で楽しめる日韓戦!勝てば決勝はオーストラリア?
ワールドカップとはまた違う楽しみがあるアジアカップは
明日夜10時!
==SAL==

キーワード

関連記事