2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

まいど。
1週間ほど、姿をくらましていたマコトです。
フラフラ病が、発祥してフラリ出かけておりました。
どこへ?
アメリカ、ポートランドまで。
世界の隅っこで開催されたドロドロ特殊イベントに出場しておりました。
その名も
「Singlespeed Cyclocross World Championships 2009」
略して、SSCXWC。

シングルシクロの世界戦。
奇跡の変態イベントです。
天候は、雨。
気温、十度台前半。
体調、風邪。
この条件だけで、ドキドキします。
そう、ドロドロの予感が。
素敵でした。
そう、こんな感じで。

かるくBBまで浸かります。
最高でした。
外国まで出かけて、泥遊び。
これ以上の贅沢があるんでしょうか?
僕には、他に考えられません。
ギザ最高です。
当日は、オレゴン州のシクロレースも行われ、老若男女、二輪車から一輪車まで、入り乱れておりました。
一輪車?
ハイ、一輪車。
こんな感じ。

いい大人が、どろどろのコースを、モリモリ一輪車で漕いでおります。
参加者も、20~30人は、います。
これが、きっとHappy Life。
レースでは、一輪車のカテゴリーもちゃんと用意され(しかも2つ)、市民権を得ています。
世界いって広いね。
日本じゃ、まだまだ超マイナー競技のシクロクロスですが、海を渡れば大人気。
各カテゴリーのスタート前。

100人以上います。
男子は、3クラス+年齢別+初心者などなど。
女子も同じくらい。
つまり、1日で1000人ぐらいが参加してる。
すごいでしょ?
僕は、すごいと思います。
でも、最初は、きれいな芝生コースも、

1000人も走れば、ドロドロツルツル。

スパイク付いてても滑って滑って、登るの大変です。
こんなコンディションでも子供は、楽しそう。

ケタケタ言いながら、一生懸命走ります。
転んで泣く子もおりません。
みんな楽しそう。
これが1番。
女子は、1番雨のきつい時間です。

それでも、くじけないし凄く速いです。
ホレボレします。
SSCXWCは、スタート4時。
参加してたので、写真が無いのが申し訳ないです。
日もとっぷり暮れて、レースが終われば、後は、お祭り。
どこかで見たような、ダンスダンスダンス。

こんな素敵な1日。
また、行きたい。
また、行こう。
世界には、一杯きっとこんなイベント一杯だから。
追いかけよう。
makoto

キーワード

関連記事