【BIKE of the WEEK】All-City Super Professional

HandleHUNTER CYCLES Smooth Move Bar / Low Riser
Head PartsCHRIS KING NoThreadSet 1-1/8″
SaddleBrooks C17 Mud Green
ComponentSRAM NX Eagle
TirePANARACER GravelKing SK
RimVelocity Aileron
PedalSIMWORKS Bubbly Pedal

「なんでもできるバイクがあればいいな。」

それを叶えてくれるのがAll-City Super Professional。
“エレガントコミューター”というコンセプトを掲げたAll-City Cycleより放たれたこのバイクはまさにカメレオンバイクです。
今回は日常使いはもちろんながら「グラベル」というキーワードでこの自転車の方向性が固まりました。

圧倒的な耐久性と快適性、そして整備性を誇るChris Kingのヘッドパーツとリラックスしたポジションを作りながらアグレッシブな心を忘れないHunter CyclesのSmooth Move Handle Barを使用した、思い立った時に躊躇なくグラベルに飛び込んでいけるバイクになっています。

ドロッパーシートポストレディです

実はドロッパーシートポストをスマートに取り付けるためのワイヤーガイドが用意されているこのフレーム。
今回は見送りとなりましたがドロッパーシートポストが装着されている日も近いのでは👀
オフロードでポジショニングの自由度を上げるだけでなく、信号待ちでサドルから降りる事なく地面に足をつける事ができるので街中のライドもとても楽になります。

目を見張るのは細かなデザイン

All-Cityの特徴としてデザイン性の高さがあげられます。
装飾されたラグ(フレームのパイプを繋ぐ為のパーツ)やボトルケージマウント台座、シートクランプに至るまでクラシックな自転車フレームのデザインをオマージュして使用しています。
特にフォークの肩はかなりクラシックな2枚肩デザイン。

もちろん見た目のみならず利便性や今までなかった物を作ろうという意欲も感じられます。
その象徴となるのがSuper Professionalのリアエンド。

このリアエンドのおかげでシングルスピードでの気兼ね無いライディングを楽しみ、また変速機をつければどんな道も臨機応変に走っていけるバイクが出来上がるのです。

なんでもできちゃう便利さと見た目のスマートなクールさはさすが。
マスプロダクションと言われる膨大な数を作るからこそ叶えられる事とこだわり抜く事で得られる美しさを両立した車体と言えるでしょう。


これまでサークルズで組んだバイクのフォトアーカイブ公開中。
バイクのカスタムイメージを膨らませてみてください。

yuya
高橋 侑也

全ての始まりはあの時トラックバイクに出会った時でした。 気付けば生業は自転車屋。 自転車を通じて出会った人々に楽しさも苦さも教えてもらっている最中です。 どんなライドもジャンルレスに遊べますが、スタッフの中では飛んだり跳ねたりトリックするのが得意!! 等価交換は大体ビールで換算!
高橋 侑也の記事一覧