SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

衣食住の中でも、やはり大事なのは食である。

 
あっという間に1ヶ月が経ち、そろそろ日本食が恋しくなってきた頃。
身内からは、こちらでの私の食事情を心配されていますが、どうぞみなさまご安心を。
 
「腹が減っては戦はできぬ」ではないですが、やはり「食」は日々の営みの上でもとても大切なこと。
そしてここにはその食に関して、しっかりと僕らの心とお腹を満たしてくれる環境がある。
 
 
クリスキングの社内にはカフェ(食堂)があり、専属のシェフが腕をふるいサーブされる朝食と昼食を食べることができるのは、今となってはよく知られていることだろう。 金額も極めて良心的で、カフェでは広々とリラックスもできる。 毎日のことを考えると外に食事へ出るよりずっといい。
 
同社の製品と同じく、なるべく地場のものを、そして新鮮な食材を用いて一品ずつ作られる食事のおかげで、毎日健やかに過ごすことができていると言っても過言ではない。 それに毎日の献立が楽しみだったりする。 だから写真も撮り溜めてしまうわけだ。
 
 

 

 

 
良いものを生み出すために、そこでは当然、人の手が動いており、その人が健全に働くことのできる環境を作るためにすべきことを考えた上での、このカフェの運営はやはり素晴らしいと思うわけである。 我々も彼らに見習い、千代田にはアーリーバーズ、松原にはパインフィールズマーケットという食のサービスを展開させていただいているのだが、もちろんそこでは我々スタッフのお腹をいつも満たしてくれる賄いが振舞われる。
 
そろそろ、#アリバノマカナイやPFMのコッペパンが恋しくなる頃ではあるが、まだまだこちらでの食の楽しみは尽きないものだから困ったものだ。
 
 
そんなある日、カフェに仕事を終えたスタッフが続々と集まってきた。 シンプルなサンドイッチが振舞われ、シェフたちも一緒に食事や談笑をしながらリラックスタイム。 冷蔵庫を改造したオリジナルのタップでキンキンに冷えた地元のブリュワリー製のIRAをグラスいっぱいに注ぐ。
 

 

 
 
クリスキングでは、5月と9月の年に2回、Commute Challengeと言われる自転車通勤を促進するキャンペーンを行なっており、この日は5月に行われた企画の表彰の日だった。
 
 
バイクインダストリーで働くのだから自転車に乗るのは当たり前と思うかもしれないが、やはり一括りにポートランドと言っても場所によっては結構距離が離れているわけで(私の場合、良いペースで走っても50分くらいはかかる)、ましてや5月はまだまだ雨季の真っ只中だったのだが、自転車という乗り物がどれだけ環境に優しく、そして日に日にエスカレートする交通渋滞の多いこの街で自転車という移動手段がいかに有効的であるかを会社として社会に提示しながら、そこで働くスタッフに還元をするというこの企画は、優秀者には食堂で使えるクレジットが贈られたり、自転車で通勤した日数に応じて有給休暇が与えらる。
 
 
つまりサイクリストにとってみれば、自転車に乗りながら食費や休暇が得られるという願ったり叶ったりな企画なのだ。
 
 
仕事も遊びも常に真剣に向き合うことで、人生をより豊かに彩っていくことができると本気で思っているし、そもそも自転車という遊ぶため生きるための最良のツールを選んだのだから、一度きりの人生を真剣に遊び切りたいと思う。 そしてこの会社にも同じくしてそういった人たちが集まり、日々仕事と遊びに真剣になり、時には一緒になってバカをやったりして、それぞれが力強く転がり続けている。
 
そう、それはまるで漕がなければ進まない自転車のように。