2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

【Houdini】この秋ワードローブに加えたい一着。

RIDEALIVE in 山梨 〜野暮れ山暮れ~ から約3週間。
奇跡のような、なんて言い方はしたくはないのですが、予想もしていなかった好天に恵まれた3日間。 きつかった坂道も、最高の景観を眺めながらのハイクもとても充実したものとなり、既に来年の事を想像したりなんかもしています。
 

 

 
丁度その頃は、ライドの最中はもちろん2000mを越える標高でのハイクもショートスリーブとショートパンツで過ごせていましたが、グンと秋らしくなってきたここ最近は、街中でもロングスリーブとロングパンツ、日が暮れるてくると薄手のものをもう一枚羽織りたくなる気候となってきました。
 
季節の移り変わりの早さを感じながら、Circles店頭もその様子を変えていっています。
 
 
このくらいの季節になると、私は薄手のアウター感覚でも羽織ることのできるロングスリーブシャツを頻繁に着るようになります。 先日入荷したHoudini/フーディ二M’s Out And About Shirt/メンズ アウト アンド アバウトシャツは、まさにこれからの季節のデイリーウェアとしてはもちろん、アクティビティを行う際のパフォーマンスウェアとしても活躍するもの、ぜひともワードローブに加えたい一着です。
 

 

【HOUDINI】M’s Out And About Shirt

Color : Blue Illusion、True Black
Price : ¥22,000_(税抜)

 


シャツというスタイルでありながらもこのメンズ アウト アンド アバウト シャツは、テンセルとメリノウールを織り混ぜた生地を使用し、吸湿性、速乾性、透湿性を備えたパフォーマンスウェア。 独特なしなやかな質感を持ち、着心地はとても柔らかでありながら耐久性にも優れたもの。 また腕の動きやすさを考慮し、脇下から肘付近にかけて一枚パネルを加えたパターンを使用。 小振りな襟、少し長めにとられた丈は、リラックスしたスタイルを演出します。
 

 
フーディニからは毎シーズン人気のPower Houdi/パワー フーディーを始め、様々なアイテムが入荷しておりますが、今回はメンズ アウト アンド アバウトシャツと合わせて履いて頂きたいMTM Thrill Twill Pnat / MTM スリル ツイル パンツをご紹介。
 

 
【HOUDINI】MTM Thrill Twill Pnat

Color : Thunder Blue
Price : ¥21,000_(税抜)

 

MTMとは“Made To Move”の略。 通常平面で行われるデザインの工程を、人体に生地をあてながら行う事により、登山やクライミングなどのアクティビティの際、その動きに合わせて動作するように立体的なカッティング方法が用いられています。 また生地として使用されるMetropolis Stretch Twill™は、速乾性と耐久性に優れ、さらに2Wayストレッチで柔らかく伸縮性も備えます。 美しいシルエットでありながら、優れた機能性を持ち合わせたこのパンツは、アクティビティはもちろん、旅行や日常での着用などのシーンでも活躍します。
 
こちらはご紹介したメンズモデルと合わせてウィメンズモデルも入荷しております。 実はこのウィメンズモデル、女性はもちろん男性でも着用して頂けるものとなっておりますので、気になる方は是非ご試着にいらしてください。
 
魔法のような着心地を持つといわれるフーディニのウェアですが、それは代表されるパワー フーディーをはじめ、その多くのアイテムにも同様にあてはまります。 その他のアイテムも引き続きご紹介していきますので、ご期待ください。
 
 
そしてこれらのアイテムは、来週末に控えるRIDEALIVE in 滋賀でもきっと役立つものとなるでしょう。 参加される方でウェアを悩んでいらっしゃる方にもオススメです。
 

ちなみに、先日試走へと同行させてもらうタイミングがありましたが、良いロケーションなのはもちろん良い意味での”ゆるさ”を持つルートは、多くの人が楽しんでもらえるものだと言えるでしょう。 是非女性の方にも参加して頂きたいですね。
 
またキャンプ場でのTENT SAUNA PARTYも楽しみの1つ。 蒸気の立ち込めるテントで体を蒸し、琵琶湖へドボン、一気の体を冷やす。 これを繰り返し、心身を整える。 で、お酒でも飲んだら…。 めっちゃ楽しそうですよね。
 
エントリーにはまだ若干空きがあるようですので、迷われている方は是非参加してみては如何でしょうか。
 

RIDEALIVE in 滋賀 縁-巡り合わせ-

詳細&エントリー

 
 
今回モデルとしてご協力頂いたのは、FullmarksのHoudini担当の舘下氏。
時間を割いてくださり本当にありがとうございました!

Photo by Eri Tanaka
@RIDEALIVE in 山梨 〜野暮れ山暮れ~

 

Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント