Sycip Bikes “All around CX”.

Jeremy Sycipが作るSycip Bikesのバイクは、何というか優しさで溢れている。
もちろんシリアスライダーのためのレーサーバイクから、素敵なコミューターバイクまで幅広く製作しており、彼のユーモアがそのまま自転車に現れています。素材も、スチールはもちろん、チタンやアルミまで積極的に製作しています。個人的には彼の作るアルミフレームはオススメです。(どなたかレーサー組みませんか?!)

IMG_7363

IMG_7365

IMG_7371

今回はCRCのメンバーであるSさんのオーダー。

関西CXをメインにシクロクロスレースにも積極的に参加するSさんのオーダーは、「CXレースと週末のツーリングを楽しめるバイク」ということで、あえてレースジオメトリーにせず、安定感のあるハンドリングを持ったバイクに仕上がりました。オリジナルのセグメンタルフォークとフレームどちらにもラックアイレットがついており、ツーリング時にラックを取り付けることのできる仕様です。背伸びしていない自然体なアッセンブルでこのバイクと一緒に過ごす週末は絶対に楽しいに違いないです。

IMG_7368

というわけで、早速関西CXでレースを走られたSさん。新しいバイクとの対話を楽しんで頂けたようです。スチールフォークを装着したこの状態で10.3kgという数字はツアラーバイクとして考えればかなりのライトウェイト!レースでも重量は気にならなかったそうです。これからいろんな所に行きましょうね!

 

-BIKE SPECS-
Frame Sycip Bikes All around CX -custom-
Component Shimano 105 5700
Brake Paul Component Neo-retro&Touring Canti
BB Chris King
HeadSet ChrisKing NTS – Mango –
Rims HED Belgium 32H
HUBS Shimano 105 HB-5700/FH-5700
Spokes DT Champion – Black –
Tires Challenge Grifo -700x33c-
Handle SimWorks Wild Honey
Stem SimWorks Four Rhonda
Saddle Fizik Antares Versus
SeatPost Beatnik

 

Ikeyama Toyoshige
池山 豊繁

Circles / SimWorks / CWD 学生の頃のメッセンジャー・サークルズでのアルバイトを経て、今に至る。 サークルズスタッフ最年少を公言していたが、今ではニュージェネレーションも加わり古参の存在。 でも身長は最小です(#163cmですがなにか)。 CXレース経験もありますが、今はのんびり瀬戸のグラベルを走ったりするのが専らで、過去の面影はどこへやら。自転車で釣り場にアプローチするBikeToFishingのスタイル研究にも余念がない。
池山 豊繁の記事一覧