2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

NAHBS Calling…

 
いよいよアメリカ・ソルトレイクシティではNAHBS/ナーブスが始まる。 例年、ソーシャルメディアの発達もあり、どんどん情報が早く手に入るようになってきていたり、年を重ねるごとに多くのマスプロメーカーも力を注ぐようになっている。 それでもやはりものを作ることへの情熱を感じることができ、新しいアイデアやパッションが湧いてくるエネルギーに溢れ、足を運ぶべき現場だと思うと同時に、ビルダーたちもそこに照準を合わせて様々な挑戦をしてくるだけに、その年のトレンドをうらなう重要な機会となっている。
 
特に今年は、事前情報のリークやティージングをメーカーやビルダーがうまく手を取り合いながら世の中に発信しているなと思いながら、ついつい夜遅くまでSNSパトロールをしてしまう日々が続いていますが、お馴染みの彼らもそれを上手にやっているチーム、先日上がったばかりのムービーを是非見て欲しい。
 

Breadwinner Custom Steel Bicycles from Breadwinner Cycles on Vimeo.

 
そしてタイミング良く、日本でも最高の一台が組み上がった。
 
 
Take the long way homeというコンセプトのもと、BreadWinnerCycles/ブレッドウィナーサイクルズB-ROADのリミテッドエディションのオファーがあったのは去年の秋のこと。 そのバイクがNAHBSを前に形になった。
 
以前はストックサイジングでの展開をしていたブレッドウィナーだが、基本のジオメトリーをもとに、オーダー to メイドで作られるようになったことで、より多くの人の身体に合わせてバイクを作ることができる。 正しいサイズの自転車に乗る事を想像してもらうのは難しいかもしれないが、例えば自分自身の身体にあわせて作られたスーツやジャケットがしっかりと身体にフィットすることと同じである。
 

 
同じくポートランドの拠点を置くギブネールのパーツを使っていたり、特別にマッチペイントされたSILCA/シリカのフレームポンプもしっかりと装備と抜かりなし。 タイヤに関しては700cでオマージュが履けたり、650Bにダウンサイジングしてグランボアを履くのも調子良しな優等生。
 
あとはどこへでも気持ちが赴くままにペダルを漕ぎ進めるだけ。 そしてこいつに跨がれば本当にそんな気持ちになっちゃうから不思議なもの。
 
アメリカから帰ったら一緒に乗りましょうね。
 

 

-SPECS-
Frame BreadWinner Cycles B-Road / Take The Long Way Home Edition
HeadSet Chris King Inset7
BB Chris King Thread Fit24
Brake TRP Hylex
Lever Gevenalle CX2H
Main Group Shimano 105
Hub ChrisKing R45 Disc 15mm Thru
Rims H PLUS SON The Hydra
Handle SimWorks By Nitto Marcella 410mm
Stem Thomson X4 90mm
Seatpost Thomson Elite
Seat WTB Pure Race Black
Tire SimWorks By Panaracer The Homage 700x43c
Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント