【GIRO / Privateer Lace】レトロなカラーのJapan Limited Color!!

黒色のアッパーにガム色のソールがレトロな雰囲気醸し出すビンディングシューズ、GIRO / Privateer Lace Japan Limited Colorが入荷して来ています。

【GIRO】
Privateer Lace Japan Limited Color

PRICE:16,800円(税抜)
SIZE:39〜46

 

ガムソールが魅力の日本限定カラー

日本限定カラーとなるこのPrivateer Laceの特徴は、何と言ってもそのガム色のソールです。 石油由来の合成ゴムができるずっと以前から、スニーカーなどのソールの素材であった天然ゴムをイメージしているためレトロな印象を受けます。

しかし、それが自転車に乗る上での最先端の機材として作られるビンディングシューズというものに組み合わさると、逆にとても新鮮なものとして感じられます。

クラシックな装いを醸し出すシューレース

そのギャップがこのシューズの魅力の1つなのですが、もう1つ、最新と逆行するポイントとしてあげられるのが、フィッティングのためのシューレースです。

現在、従来のマジックテープ式のシューズは少しずつ目にすることがなくなり、Boaシステムを代表するダイヤルとワイヤーでのフィッティングシステムが多くなってきています。 しかし、このPrivateer LaceGIROを代表するEMPIRE、またQUOCNightGran Tourerのように、数年前からシューレースを使用したビンディングシューズもまた多くなってきています。

シューズと足を一体化するためのそのフィッティングシステムは、効率的なペダリングを実現するためにとても重要なポイントとなります。 レトロな雰囲気をだすためだけにシューレースを使用することは、サイクリストにとって大きなリスクを伴うこととなります。

 

シューレースであるメリット

ではなぜ今シューレースが使用されているかというと、そこにはちゃんとメリットがあるのです。

その最大のメリットとなるのが足の細かな形状に合わせてフィッティングすることができるということです。 緩んだシューレースを少しずつ締めて行くのは面倒な作業ではありますが、つま先側から順に、レースホールの各箇所ごとにしっかりと締め付けていくと、足の形に沿った最高のフィット感を得ることができるのです。

その他にも、軽量であること、ほつれたり切れたりした時にも交換が容易であることなどのメリットをあげることができます。 クラシックなスタイルではありますが、シューレースを使用するということは現代でも優れた機構だと考えられているのです。

 

カラーの異なる3本のシューレースが付属

ちなみに、このPrivateer Lace Japan Limited Colorにはシューレースがブラック、レッド、グレーと3つのカラーが付属しています。 自分好みの装いにすることができますし、気分によってカラーを変えることも可能です。

 

機能性に優れたマイクロファイバーのアッパー

マイクロファイバーのアッパーは、素材のもつ防水性とパンチング加工によって備わる通気性を兼ね合わせており、様々なシチュエーションで快適性を提供します。 また、履き続ければ履き続けるほど足に馴染み、より良いフィッティングが得られるようになってきます。

レトロな印象を醸し出すPrivateer Laceは、その容姿とは裏腹に優れた機能性を備えているのです。

そのためトレイルライドやグラベルライドを楽しむための、また通勤や通学など日常使いのビンディングシューズとして、履く人に合ったそれぞれの使い方をして頂けるものとなっています。

今まさにビンディングシューズ選びで悩まれている方にはオススメの1足となっております。