TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

何故だろう?
山には、「行きたい。」と思うけど。
海は、「行きたい。」じゃなくて、
「見たい。」と思うことが多い。

それは、人が海から生まれてきたのに、
もう、戻れない場所だと感じているからだろうか?
でも、無性に見たくなる時がある。
だから、



僕は、海を目指したんだ。

予定出発時刻は、午前5:00。

起床時刻は、午前8:00過ぎ。

ガッツリ寝過ぎ。いつもの僕ならここでくじけますが、何となく海への欲求が上回ったんで、着替え、バナナと牛乳の朝食、あっという間に準備完了、出撃です。

どこへ行こう?

決めた!うち海見たってつまらない、目指すは外洋が見える場所伊良湖岬、我家から伊良湖岬先端までは約100km、そこからフェリーに乗って師崎へそこから北上、お家までトータル160kmくらい?、これで行こう。

今回のテーマは、独り。

故に、時計、メーター、心拍計、携帯電話。数字がでる物は、一切合切置いて行きます。

何かを見ながらじゃなく、自分の呼吸とリズムだけを感じていたいんです。

少しのお金と携帯工具。それが全てです。

伊良湖岬までは、街中をいかざるを得ないんですが、東浦、吉良や一色、田舎を抜けて車を出来るだけ避けて行きます。

突然現れる、絶壁の橋に恐怖を覚えたりしますが、

sDSCF0244.jpg

迷う事もなく、順調です。

待望の渥美半島に入れば、向かい風もなく適度なアップダウンと信号のない道、少し上がる心拍と風を切る音が、心のよどみを吹き飛ばして行きます。

sDSCF0247.jpg

が、海沿いの道にでれば、海が丸見えかと思いきや防風林でほとんど見えません。

これ、計算外。

とはいえ、心地よいライドは50kmくらい続き、気分は上々です。

若干、走りづらいですがサイクリングロードにでれば、海も素敵な感じで迎えてくれます。

sDSCF0249.jpg
sDSCF0252.jpgsDSCF0253.jpg

はぁ~~~、やっぱ海は、ええ~~。

sDSCF0254.jpg

これこそ、癒しでしょ。

眼下に見えるフェリーもいい感じです。

??

フェリー行っちゃったね(笑)

でも、まあ、時間に追われる訳じゃなし、次のに乗りましょ。

などと油断こいてたら、次の便まで1時間半。

結構あるから腹ごしらえです。

sDSCF0255.jpg

残った時間は、海見て石ころ投げなら鼻歌混じりにボーっとします。

sDSCF0259.jpg

自転車ばらさず、フェリーに乗っても僅か1900円。

sDSCF0257.jpg

sDSCF0261.jpg

乗客も僅か二人。(大丈夫なのか?この人数で)

sDSCF0262.jpg

伊良湖岬に別れを告げて、一路、師崎へ。

小さな旅も終わりの時間です。

うん、まだあるね60kmくらい、もう夕方も近いのにね(笑)

でこの後、道に迷ったり、家の近所で思いもよらぬ激坂に遭遇したりしましたが、それは、また別のお話。

お家について、缶ビールをプシュッとすれば最高の休日の出来上がり。

フェリー&Ride悪くない。

次は、鳥羽でも行ってみよう。

「寂しがりやの孤独好きmakoto」がお届けした。「Ride alone.」

如何でしたか?

少しでも走りに行きたい気持ちが湧いたなら嬉しい限りです。

こんどの、晴れた休日は、是非走りに行ってくださいね。

makoto

Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント