TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

わくわくどきどき

 来てますね、台風。わくわくしますね、不謹慎ですが。

無性に外にでたくなる。何なんでしょう、この感覚。
冷静に考察してみた結果、スリルが好きなんですよね。
ちょっとくらい危険な方が興奮するんです。
というわけで、好きですダウンヒル。
ダウンヒルというと、皆さん中々やってみようとは
思わないかもしれません。
一つに、やっぱり危ないというイメージがあること。
僕なんかは危険じゃなけりゃ楽しくない!なんて思っちゃいますが、
スピード出さず下れるコースもあるので、実は初めての人でも
十分楽しめるんですよ。
やってみたいなーって思ったら、僕に一声かけて下さい。
 
それと、皆さんが二の足を踏んでしまうもう一つの要因。
機材が高い! 
ShimanoのダウンヒルコンポーネンツといえばSAINTですが
1セット揃えると10万位とちょっと高価。
でもこれから始めたいと思ってる人に、出ました。
Shimanoのニュー・ダウンヒル/フリーライドコンポ、ZEE。
SAINTの弟分的存在で抑えられた価格設定。
クランク¥9,930 
登りなんて考えてないシングルギア。32/34/36Tの設定。
シフター¥3,100
 
フロント1枚なんで、もちろんリアだけ。
 
リアディレイラー¥6,350
対応ローギア最大28Tのダウンヒル用と、
36Tのフリーライド用がラインアップ。 
ライド時のチェーンのばたつきを防ぐチェーンスタビライザー搭載で
ストレス軽減。
ブレーキレバー¥12,190 ブレーキキャリパー¥10,210(片側)
この辺はちょっと高いと思うかもしれませんが、
強い制動力の4ピストンキャリパーなんでご勘弁を。
油圧ブレーキはオイルラインに空気が入ると
ブレーキとして機能しなくなり、
その空気を取り除くエア抜きという作業が必要になります。
Shimanoの油圧ブレーキには、オイルラインを一本道にする事により
キャリパー内に気泡をとどまらなくし、効率よくエア抜きが出来る
ワンウェイブリーディングという機構があり、
もちろんZEEのブレーキにも採用されています。
全体がマットブラックでまとめられていて、
カッコいいんじゃないですか。
もうすぐ来るであろう、僕のマウンテンバイクに付けようかな~。
Tomoda
Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント