The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

【TWIN SIX】 夏のライドの頼もしい味方。

 
 
私、ヒゲを生やして、なんだか肌の色や顔の色のこともあってか、東南アジア系の顔だよね、なんて言われることも多々あります。 タイに旅行に行くなんて言った日には帰省するの? なんて事も。
 
こんな顔だと暑い夏が得意だと思われがちではありますが、実はそうでもないのです。
もちろん気持ち的には嫌いではありませんし、好きだとも言えるでしょう。
 
ただし夏に対しての苦手さがあるのも事実、実は私肌があまり強くありません。
夏に一緒にライドに言った事のある方はご存知かもしれませんが、確実にビブショーツの裾を折り曲げてます。 汗が溜まってしまうシリコングリップの部分に汗かぶれが出てきてしまうのですね。 酷い時には折り曲げて地肌に触れていないようにしていても同じような症状が出てしまいます。 そのため長い時間の着用時には、折り曲げたり伸ばしたりを繰り返し、休憩時には濡らしたタオルで汗を拭っております。 これを怠ると後々いや〜な思いをするのでとても重要な作業です。
 
そんな事を店頭でお話しすると、やはり同じような悩みを抱えている方も少なからずいらっしゃり、そんなときに私がオススメさせて頂いているのが、今回ご紹介するこのビブショーツです。
 

【TWIN SIX】

Standard Bib Short

 
¥18,900 → 30%off ¥13,230


 

 
毎シーズン、様々なグラフィックで私たちを楽しませてくれるアメリカはミネソタ州発、TWIN SIX /ツイン シックス。 その華やかに彩られたサイクルジャージは、レースに勝つためとかチームとためといった何かしらの目標を持って打ち込むライドというよりも、景色や風、その時々の季節を肌で感じながらただただ自転車に乗る事を楽しんでもらいやすい、気兼ねなくに袖を通す事のできるもの。 セットアップで楽しめるビブショーツのラインナップもありますが、逆にそのグラフィックを引き立てるようなブラック単色のビブショーツもございます。
 

特にこの Standard Bib Short/スタンダードビブショーツ は、裾の部分にシリコングリップを設けずに、伸縮性に優れた素材を用いて裾の処理をしているので、私のように肌のトラブルで悩みを抱えている人にとって非常に頼もしいアイテムなのです。
 
 
パッドは薄すぎず、厚すぎず、様々なライドで使いやすいベーシックな1本。 縫い目が極力ストレスにならないよう配慮されていたり、またサスペンダー部分は通気性の高い素材に切り替えるなど、アンダー2万円のビブショーツとしては非常に優秀な仕上がりだと思います。
 
 
初めてのビブショーツをお探しの方には是非オススメしたいアイテム、そしてツイン シックスの個性豊かなラインナップのプリントジャージを合わせるのもいいですね。 11日より19日まで開催している WEBSHOP SUMMER SALE ではツインシックスのアイテムが30%offにてお求めいただけますので、サイズがなくなってしまう前にお見逃しなく!
 

Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント