2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

【RIDEALIVE 2018】
RIDEALIVE in 山梨
〜野暮れ山暮れ〜

エントリー受付開始

 

 

「サークルズの夏休み」をテーマにした RIDEALIVE / ライドアライブという私たちの遊びは、5年目の今年もさらなるフィールドと遊びの達人との邂逅を求めて各地で開催します。 遊ぶ事と生きる事。 その創造性を全力で楽しみます。

ライド + キャンプ を基軸に、ライフスタイルとして自転車と向き合い、そこから様々なアウトドアアクティビティへと広がっていくイメージを持ち、特別編となるRIDEALIVE INA Valleyを皮切りにからスタートしたRIDEALIVE 2018。 台風の影響もあり開催を危ぶまれたGIRLS RIDEALIVE in 北海道も、ガールズ達のパワーで無事に開催し、参加者はもちろん、ご協力頂いた多くの方々、そしてスタッフの心に特別な思いを刻み幕を閉じる事ができました。 改めてその模様はお伝えさせて頂く事となりますが、今は#GIRLSRIDEALIVEにて彼女達の思い出をご覧ください。
 
そして先日お伝えした私が担当するRIDEALIVE in 山梨 〜野暮れ山暮れ〜
本日よりエントリーの受付を開始致しますので改めてご案内させて頂きます。
 
 

舞台は山梨


富士山や南アルプス、八ヶ岳など高い山々に囲まれた自然豊かな山梨県。 その県庁所在地でもある甲府の街を皮切りに、ライド ・キャンプ・ハイクを織り交ぜ、 じっくりと山の楽しさと厳しさを楽しんで頂きます。
 

 
集合地となるのは甲府駅の北口広場。 そこから先日の#GURUREN @ Outdoor Experience MOTOSUKOでもお世話になったAKITO COFFEEさんがお店を構える武田神社へ続くまっすぐの道を抜けると一気に山の中へと突入します。 行程は全て舗装路となりますが、車の交通量が少なく、人の気配すら感じさせない道を登りキャンプ場へと到着します。 2日目は眼前に聳え立つ日本百名山にも名を連ねる金峰山をトレッキング。 遠くには富士山を望む事ができる山頂からの絶景を楽しみましょう。 3日目は未舗装を交え、山中のライドを楽しみながら甲府の街へと戻ってきます。 その後は温泉で汗を流し、美味しい食事を頂きフィナーレを向かえます。
 
 

RIDEALIVE2018 02 山梨
アンバサダー

SUNDAY / 石川 氏
甲府のアウトドアショップ、SUNDAYの店主、石川 氏。 トレッキングからトレイルランニングまで山遊びを知り尽くし、その他のアウトドアアクティビティにも造詣が深く、今回のRIDEALIVEは、ルート探査やキャンプ場の選出など、石川氏がいたからこそ実現すると言っても過言ではないでしょう。 柔らかな人柄で多くの人に愛される石川氏の人柄に触れて頂くことも、このRIDEALIVE in 山梨の醍醐味の1つです。

 

RawLow Mountain Works / 谷口 氏
RawLow Mountain Worksのデザイナーの一人である谷口さんは、バッグデザイナーとして20年以上のキャリアを持ち、厳しい冬山のトレッキングから気軽に足を運べる低山まで、時間の許す限りを山で過ごす生粋の山の遊び人。 しかし、実はそれ以上に自転車とは長く深い関わりを持ったサイクリストでもあります。 そんな山の酸いも甘い噛み分ける谷口氏がアンバサダーとして活躍して頂けます。

 

TARAYA Equipment / 浦壁 氏
自分たちの作る旅をするための道具を、自らが足を運び使用する人へ直接伝える行商人、TORAYA Equipementの浦壁氏。 先日拠点を山梨に移した事もあり、SUNDAY石川氏とともにルート探査に奮闘してくれています。 山遊びはもちろん、マウンテンバイクとシクロクロスバイクを所有、自転車の魅力にもどっぷりと浸かってしまっている遊び人です。

  

開催概要


日時
2018/9/22(土)-24(月) 雨天決行
 
参加募集人数
20名(定員になり次第、締め切りとさせていただきます。)
 
参加費
¥20,000
(宿泊費、DAY1夕食、DAY2昼食、DAY2夕食、DAY3夕食、登山口までのバス往復交通費、保険、を含む)
※現地までの交通費、上記以外の費用は個人でのご負担となります。
 
エントリー条件
・1日100㎞以上走行可能なスキル
・自転車のトラブルに対応できる
 

RIDEALIVE in 山梨 〜野暮れ山暮れ〜

詳細&エントリー

 
 
 
ここ最近、山梨へ何度も足を運んでおりルートの下見などしておりますが、あのロケーションで自転車に乗り、トレッキングをする事を想像すると私自身、今から本番を向かえるのが楽しみでなりません。
 
そしてそれを多くの人共有したいと思います。
ぜひ予定を調整してご参加下さい。
 

Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント