【CAFE DU CYCLISTE】冬を楽しむために。

 
今年の夏は厳しい暑さでしたが、果たしてこの冬はどうなるものか?
 
よく言っていますが、冬こそ自転車が楽しめる季節。 そりゃ最初は寒いのですが、
走り出せば徐々に体は温まってきて、血の巡りを感じると同時に、あぁ生きているなということを強く感じます。
 
空気は澄んでいて気持ちが良いし、遠くの山まで景色が広がるのもこの時期ならでは。 だからこそ、この峠を登って頂上からの景色を見てみたいと思うんです。
 
 
ただ、一つだけ冬のライドを楽しむ上で大切なことをあげるとすれば、それはバイクのパーツのアップデートでもなく、ズバリ、しっかりとしたウェア選び。 僕はそう思います。
 
 
そんな中、フランスよりCafe Du Cycliste / カフェドゥシクリステの2018秋冬のアイテムが到着しました。 今でこそ数ある自転車ウェアのブランド。 その中でも極めて服飾的なアプローチでものづくりをしているなと思うのが彼らです。 それでいてもちろんライドでもしっかりと仕事してくれるときたものだから、やっぱり冬のライドには外せないアイテム。
 
毎年充実を見せるラインナップの中でも、やっぱりコレだなと思うものをサークルズでは選りすぐりました。
 
まずは、ぜひ店頭でご試着してみてください。
 

Ikeyama Toyoshige
池山 豊繁

Circles / SimWorks / CWD 学生の頃のメッセンジャー・サークルズでのアルバイトを経て、今に至る。 サークルズスタッフ最年少を公言していたが、今ではニュージェネレーションも加わり古参の存在。 でも身長は最小です(#163cmですがなにか)。 CXレース経験もありますが、今はのんびり瀬戸のグラベルを走ったりするのが専らで、過去の面影はどこへやら。自転車で釣り場にアプローチするBikeToFishingのスタイル研究にも余念がない。
池山 豊繁の記事一覧