2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

休日は岩に登っていました。

こんにちは。きょんです。

3月になり春を感じる季節となって来ました。そんな中で一足先に花をつけるのが梅ですね。桜と比べると花も小さく目立たないですが、梅の香りに癒されます。

ということで、伊豆にある幕岩公園にて梅祭りが開催されていましたので、お花見に。ではなく、クライミングをしてきました。笑

梅を見に来られた方達に混ざってのクライミングは何だか不思議な光景でしたが、梅が香る中のクライミングはいつもよりゆっくり時が流れる感じがしました。たまにはこういうのもいいですね。

伊豆には良いクライミングスポットがいっぱい

クライミングは登りはじめは何ともいえない緊張感と高揚感で、登り始めて行くと私は岩に集中をしてしまって周りを見る余裕がありません。笑 登りきった時の達成感。一気にその緊張感から解き放たれ時の解放感。そして目の前に一気に広がる光景にいつも感動します。

今回は特に感動しました。それは一面に梅の花が広がっていたからです。

そして、登れなかったルートも何度か挑戦したら、最後に登りきれたので満足して1日目を終えました。

2日目は場所を変えて城山へ行ってきました。ここは昨日とはうって変わってスケールの大きな岩がそびえ立っていました。ルートもレベルも様々ですごく楽しめました。

クライミングの魅力

わたしがクライミングにはまる理由は一つ目はあの高度感がたまらない。二つ目は考えながらの登るのが楽しい。体の使い方一つで登れなかったところが登れる様になるんです。そして三つ目、恐怖心に打ち勝って踏込んでいけた時の一気に前が開けるあの感覚が好き。

こうやって外岩を登りにいくともっともっと登れる様になりたいと、帰ってからもモチベーションが上がりジムへ行くのにも気合が入ります。

いつもジムへはひとりで行くので、興味のある方は是非一緒に行きましょう。

クライミングにもぴったりのタビー

ちなみに、先日からサークルズでバイトを始めたばかりですが、以前からずっと愛用しているものがあります。

私はクライミングシューズの下に靴下を履く派(履かない派が多数)なのですが、よくRALの薄手の足袋靴下、Tabby Lightを履いています。 見た目がかわいいのはさることながら、薄めなのできつめのクライミングシューズにも相性ばっちり。 ウールを使っているので履き心地も抜群です。

サイズは少なくなってきてしまっていますが女性でも履けるSサイズはまだ在庫があります。 ぜひ試してみてくださいね。

関連記事