2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

【KYUTAI PAINT】あなたは何故フレームを塗り替えるのですか?

私達がフレームを塗らせて頂くタイミングには、ふた通りあります。

ひとつがフレームビルダーが作成した素材そのままのまっさらなフレームを塗る時、もうひとつは塗装済みのフレームを塗り替える時。

9割5分は塗装済みのフレームの塗り替えです。

今日はこの塗り替えの時の話を。

塗り替えにもタイミングはふた通りあるのです。

使っている間にキズが増え大事なフレームがちょっと可哀想になった時と、新品のフレームなんだけどちょっと色が気に入らない時。

悩みに悩んで手に入れたフレームにキズが増えていくのは、自転車に乗る誰もが悲しいと感じる事のひとつだと思います。

そんな時に塗り替える事で、手に入れた瞬間のあの喜びを再び体験出来ると思います。

傷ついたフレームの塗り替えはとても意味のある大事な事なのですが、同等か少々多めに初めて自転車を手に入れようと思う人達の手助けをしたいと思うのです。

自分が好きな色やカタチの自転車は何処にあるのだろうかとインターネットの世界を徘徊したり、自転車屋さんを巡っても自分の想像にストンと嵌る自転車が見付からない時があるはず。

それは、もちろんママチャリを含む全ての自転車に言えます。

なんとかカタチが気に入った自転車を見付けたけれど、「ちょっと派手だな」とか、「オレンジがいいのに青か黒しかないのか」という時に球体ペイントの存在を思い出してください。

私達は、赤いフレームが欲しい人がいれば青から赤に、黄色いフレームが欲しい人がいれば青から黄色に、というふうにとてもシンプルな事をやり続けています。

日々の生活の大事な足となり、休日には刺激的な活動をサポートしてくれる相棒ともなる自転車を、ワクワクしながら探しているあなたの為にこの自転車の塗装を行っているのです。

塗り替えについて分からない事があれば何でも問い合わせてくださいね。
お問合せはこちらへ!

キーワード

関連記事