2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

【OUTER SHELL ADVENTURE】地球に優しいFoldable Backpack

美しい景色や澄んだ空気を求め、休日のライドと言えば緑が生い茂る山の中へと舵をとることが多いのですが、どうしてこんな人里離れた所にごみが落ちているんだろうという場面に遭遇することがあります。 そのような状況を目の当たりにすると日常でもそうですが、ゴミはしっかりと分別してゴミ箱に、そして極力ごみの出ない生活を心がけたいなとも思うわけです。

ごみ問題と言えば、 先月軽井沢で開催されたG20の一環である持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合では、海洋プラスチックごみ削減に向けた国際的枠組みの創設などを盛り込んだ共同声明を採択するなど、プラスチックごみ問題への対応がこのところ話題となっています。 ユニクロでは、今年の9月から、日本を含め世界12カ国・地域の事業で使用しているプラ製ショッピングバッグを、再生紙などを使用した環境配慮型の紙製に順次切り替えるということです。

そんなごみ問題の対応として生活に根付いている行為の1つが、お買い物時におけるエコバッグの活用です。 スーパーへ買い物に行けば、多くの人が小さく折りたたんだ袋を広げ、食料品を詰め込んでいる光景は日常的なものとなっています。 しかしながら多くのものが簡易性を求めたものとなっており、その形状は手提げ袋状で、機能面といえばコンパクトになって収納しやすということのみです。 自転車乗りの中では、エコバッグのような役割のものといえば、斜めがけできるサコッシュがそれに相当するものと言えるかもしれません。

特にこういったアイテムについて、今まで深く興味を持った事がなかったのですが、今回ご紹介する、OUTER SHELL ADVENTURE / アウター シェル アドベンチャーFoldable Backpack / フォールダブル バックパックは、とても興味を唆られるものでした。

【OUTER SHELL ADVENTURE】
Foldable Backpack

Price : ¥10,500-(税抜)
Color : Black, Brown, Dark Grey, Blue, Navy, etc…

バックパックスタイルのエコバッグ

このFoldable Backpackは、多くのそれらと異なり形状がバックパックとなっています。 そのため飲料水など重い荷物を運ぼうと思った時も両肩でしっかりと背負うことができ、またサコッシュのようにライド時においてバッグが前方にずれてくる事がありません。

必要品を持ち運ぶのに便利な容量

容量は約10リットル、急な買い物など荷物が増えたときはもちろん、ライドから目的地でのハイキングや観光地での散策で、自転車に装着したバッグの中身を入れ換えて持ち運ぶのにもとても便利です。また自転車に装着しているバッグが小振りであれば、それらをそのまま詰め込んでもいいかもしれませんね。

持ち運びも簡単な大きさに

バックは折り畳むと、かなりコンパクトになるので持ち運びにも優れています。

OUTER SHELL ADVENTUREDrawcord Handlebar Bag / ドローコード ハンドルバー バッグStem Caddy / ステム キャディーなど、自転車に装着してあるバッグ類はもちろん、サイクルジャージのバックポケットにも収まる大きさとなります。

マリンスポーツで使用される素材をリサイクル

そして特筆すべきは、使用する素材にカイトボーディングやウィンドサーフィンで使用される生地がリサイクルしているということです。これらの素材は兎に角頑丈で軽量、 加えて耐水性も備えています。 リサイクルではありますが、機能性を保持する最高の部分を選んで使用しているので、バッグとしての性能は優れたものとなっています。 また、そうして選び抜かれた生地を使用しているので、製品1つ1つが全く別の顔を持つユニークなものとなっています。

店頭で実物を確認してお気に入りを見つけてもらうのもよいですし、WEB SHOPでは、大まかなカラーを選択して頂けるようになっていますので、好きなカラーを選んで頂き、到着する実物がどんなものなのかを、ガチャガチャを回す時のようにドキドキしながらお待ち頂くのもよいのではないでしょうか。

また今回このFoldable Backpackの製造は、サンフランシスコのMAFIA BAGS / マフィア バッグが行っています。 MAFIA BAGSは、このOUTER SHELLとのバッグ以外にもカイトボーディングやウィンドサーフィンの帆といった、主にマリンスポーツで使用される生地をリサイクルし、日々の生活に密着したバッグを1つ1つ手作業で製造しています。

ちなみに最近アリバのスタッフがこぞって使用しているエプロンはPATAGONIAMAFIA BAGSがタッグを組んでカタチとしたものです。 素材のリサイクルのみならず、環境問題を深く考えるPATAGONIAとMAFIA BAGSが共に製品を作る事は、規模感は違えど必然と言えるのではないでしょうか。

自転車用品だけでなく、宝箱のように様々なアイテムが並ぶCirclesには、環境の事を考慮したものや、工夫次第ではそれに役立つアイテムが揃っています。 私自身、少しずつではありますが、毎日の生活にある些細な出来事に気を付ける事ができるようにしていきたいと思います。

関連記事