2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

【WTB】Need more volume?

僕たちの冒険心を満たしてくれるカリフォルニアの雄、 WTBより、新しいタイヤがどっさりと入荷して来ました!

【WTB】 Venture

650×47b / 700×40c  / 700×50c  
TCS / Tubeless Compatible System
¥7,800(税抜)

ROAD PLUS規格の650x47bで好評でしたオールマイティーなパターンをもつVentureに、新しく700x40c700x50c のサイズが仲間入り。

センタースリックにヤスリ目のサイドパターンのおかげで舗装路は気持ちよく転がりながらも、未舗装路でもしっかりとグリップをし、石畳や砂利道、ダートなど幅広い路面に対応します。

特に、700x40cのサイズでは今までNanoが安定のポジションでしたが、このVentureはNanoよりもさらにスムーズな転がりが特徴です。「700x40cのボリュームは欲しいし、そこそこ悪路も走りたいけど、そこへ行くまでの舗装路もスピーディーに走りたい 」そんな願いを叶えてくれるのがまさしくこのタイヤです。

また、700x50cというラインナップも珍しく、こちらについては取り付けられるバイクが限定はされますが、29erベースのマウンテンバイクをアドベンチャーツーリング仕様にするのにおすすめ。 また、KONA / Sutra LTDにも履かせられるので、是非チョイスとして検討してみては?

【WTB】 Riddler 45

700x45c
TCS / Tubeless Compatible System
¥6,900(税抜)

元々マウンテンバイク用のタイヤとして生まれたリドラーは、パターンをリニューアルし、よりグラベル・アドベンチャー向けにブラッシュアップされています。

45mmのボリュームのおかげで、様々なコンディションにおいてスピードをできるだけ落とすことなく、未舗装路を含む長距離ライドを快適にこなせる万能なタイヤ。

センターは低めのノブ、両サイドには大きめのノブを配置して悪路のコーナーリングでもしっかりとライダーに安心感を与えます。

その他にも、WTBからはグラベル・アドベンチャーツーリングに得意なタイヤがリリースされておりますので、是非チェックしてみてくださいね! お手持ちのバイクにはどのサイズまで履けるのか? といったご質問もお気軽にどうぞ!

関連記事