2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

【SMITH OPTICS】Early Special Color!!

一段と秋が深まって来た今日この頃。 冬に向かっていくにつれてトレイルを駆け回るにも最適な季節となっていきますね。

ウインタースポーツ用のアイウェアに端を発し、レギュレーターシステム、ターボファンシステム、レンズ交換システムなど様々な技術を開発、革新的なアイウェアを生み出し続けてきた SMITH OPTICS / スミスオプティクス より、秋にぴったりなカラーのヘルメットが入荷してきましたのでご紹介します。

【SMITH OPTICS】 Session MIPS Early Model

Color : Matte Mystic Green / Black
Size : M / L
Price : 26,000円(税抜)

スミスのヘルメットのラインナップの中でも、マウンテンバイク向けのモデルとしてサークルズでオススメしている Session / セッション というモデル。 こちらに2020年新カラーのアーリーモデルとして新色が加わりました。 翌年の新色となるモデルは例年秋頃に発表され、年明けにデリバリーが始まるのですが、このカラーだけ先行的に発表された新色となります。

新しいカラーはMatte Mystic Green / Blackと呼ばれるカラーで、国内への入荷数も限られたものになっています。秋らしい独特のカラーはトレイルでも馴染みやすい落ち着いた印象です。

もちろん、スミスのお家芸であるコロイドと呼ばれるハニカム構造は健在。 全体に配置するのではなく転倒時に最もリスクの高い側頭部のみにコロイドを配することで、重量を抑え、大きな開口を設けることでベンチレーション性能を発揮します。

30,000円を下回る価格帯ながら、MIPSというシステムを搭載し、万一転倒した際に、衝撃を逃がすような構造により、脳へのダメージを抑え、脳しんとうを防ぐという重要な役目を担います。

元々はアイウェアメーカーであるスミス、もちろんアイウェアとヘルメットの親和性についてもしっかりと考え抜いています。 バイザーと本体の間のエアーチャネル部にはサングラスがスマートに収納ができ(サングラスの形状によってはバイザーの上で収納することもできます)、また3段階のバイザーポジションはゴーグルを併用する際に干渉などなく快適なかけ心地を持ちます。

これからの時期のトレイルライドはもちろん、バイクパッキングやツーリング、もちろんグラベルライドにももってこいなスタイルです。 バイザーは取り外すこともできるので、例えば通勤などでも被りたいという方はあえて外して使うのも良いですね。

また、このカラーをお求めいただくと、ボーナスアイテムとしてスミスのベースボールキャップもついて来ますので、新しいヘルメットを探されていた方は是非選択肢の一つとしてご検討ください!

キーワード

関連記事