2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

【GIRO】最高の被り心地を提供するアジアンフィットモデル

やれ足が短いとか、顔のパーツが中心によっているとか、身体的なコンプレックスをいろいろと持っていたのですが、頭が大きいというのもその一つでした。 とは言え40も過ぎれば正直そんな事は気にならなくなっているのですが、 GIROからアジアンフィットのヘルメットがリリースされ、Mサイズが被れたときは単純にとても嬉しかったです。

周長の数値だけ見ればMサイズでも被れる範囲ではあるのですが、鉢部分の張りや絶壁の後頭部のせいで海外メーカーのヘルメットはLサイズのものしか被れず、メーカーによっては鉢で支えているような状態で、しっかりと被れずストレスを感じていました。 しかしGIROのアジアンフィットモデルのヘルメットはそんな僕の頭を違和感なくすっぽりと覆ってくれるのです。 それは見た目にも影響し、縦が狭く、横が広くなっているとはいえ通常海外モデルのLサイズよりも被った時のシルエットが小さくなるのが何よりも嬉しかったりもします。

そんなアジアンフィットをここ数年の間被り続け、現在は今年の春に購入したSynthe Mips AFを愛用中です。

つい先日、メーカーでも完売していたモデルの再入荷もあり、現在は2020年モデルのラインナップが豊富に揃っているので改めてご紹介します。

【GIRO】
Synthe Mips AF

Color:Matte Black , Matte White / Silver , Matte Iceberg / Midnight Bars , Matte Black Floral
Price:29,800円(税抜)

Synthe Mips AFは、エアロ効果と優れた冷却力を備えたジロを代表するロードヘルメットです。 計算されたコンパクトなフォームは抵抗となる風を効率的に受け流し、またヘルメット内部にも滑り込むことで頭部が熱を帯びることを極限まで抑え快適性を持続させます。 クーリング効果と呼ばれるこれらの機能は多くのジロのヘルメットの中でもトップクラスのものとなっています。

またその丸みを帯びた美しい独特なシルエットは、攻撃的な印象のロードヘルメットとは異なる柔らかさを感じさせるものとなっています。そのためレースやトレーニングのようなシリアスなライドだけでなく、カジュアルな装いでの気軽なライドにもぴったりとはまります。

最新の保護システムであるMipsを搭載することで、転倒時などで頭部にかかる衝撃エネルギーの方向を変化させ、高い保護性を備えます。 その他にも高さや幅など上下左右の2方向への調整が可能なRoc Loc Airフィットシステム採用しているため、多くの方の頭の形状にフィットするでしょう。

 


【GIRO】
Syntax Mips AF

Color:Matte Black , Matte White / Silver , Matte Midnight Blue , Matte Midnight Bars
Price:15,800円(税抜)

Syntax Mips AFは、昨年の登場したばかりのモデルではありますが、既に多くの方から高い支持を得ているヘルメットです。 幅が広く、深さもしっかりと取られているため、しっかりと頭を包み込んでくれる安心感を得ることができます。

また外側のシェルにはSyntheと同様、耐久性に優れたポリカーボネイトを使用し、それをIn Mold®︎製法でEPSフォームライナーと融着されているため適度な厚みで必要十分な強度と耐久性、通気性を兼ね備えます。

そしてこのSyntaxにもMipsとRoc Loc Airフィットシステムが採用されており、長距離のライドでの優れた保護性と快適性を提供するものとなっています。

先にもお伝えしましたが、アジアンフィットは単縦に横幅だけでなく、頭頂部の広さ、奥行き、さらには調整アジャスターの位置までも専用に設計されたものです。

デザインや機能性はもちろん、快適で尚且つしっかりと頭を包み込んでくれる被り心地の良さを求めている方はぜひGIROのアジアンフィットを試してみてください。

キーワード

関連記事