【HOLIDAY RIDE】いつもの道をいつもの仲間と

「あ〜でもないこ〜でもない」と、いろいろと悩んで組んだ初めてのルートを走るのはもちろん楽しいし、偶然見つけた道へそれ行けと勢いに任せて舵を取るのも楽しい。

でも毎回そればかりやっていると疲れてしまうこともあったりする。

そんな時は走り慣れたいつもの道を、いつもの仲間とくだらない話でもしながら走るのが調子良い。

時間もあまり気にかける事なく、ある程度想定した時間に昼食を食べて家路を辿る。

帰ったら洗濯機を回してシャワーを浴びる。

それからダラダラと家で過ごす事もあれば、大好きな夫婦が営むカフェ”MART“にお茶をしに行ったり、知り合いの働くショップに行ったり街へと繰り出す事もある。

ライドで頭の中をリセットし、いろいろな人と物に出会い、刺激を与えられるのと同時にいろいろな栄養を蓄える。
こんな一日もまた大切な休日の過ごし方だ。

 

何気ない休日のライドは決まって瀬戸へとペダルを回す

そんな一日を過ごす日の朝は決まって瀬戸へとペダルを回し始める。

街中を抜け、走りやすい堤防沿いを走り尾張旭をまたぎ瀬戸市へと入る。 集合場所はいつもの駅前のコンビニだ。
遅れて集合する奴もいるけどそれも想定の範囲内。 自宅からここまではほぼ平坦だけれどここからアップダウンが重なり少しづつ山に近づいていく。

 

国道から脇道へと入ってからがライドの本番

そして、この近辺のサイクリストの定番である国道363号を走り、途中から細くてそこそこ勾配のある道へとそれる。
そこからはほぼ一本道をひたすら登り、景色が開ければ山頂まで残り僅かだ。

三国山山頂展望台がお決まりの休憩ポイント

到着したら決まって展望台へ登り、360度のパノラマビューを堪能しながら体を休める。 しかしこの時期は冷たい風が吹き付けみるみるうちに体が冷えてくるので景色を堪能したらすぐさま階段を降りる事となる。

それでも先日の景色は今まで1番青くて美しい空を見ることができたので、寒さに耐えながらその景色をじっと眺め、南アルプスに白山、恵那山、御嶽山と雪化粧ををした山々の姿をしっかりと目に焼き付けた。 また名古屋駅の姿がくっきりと確認できたのも印象的だった。

そして前の晩の冷え込みもあり、付近の木々の枝が凍り、霧氷?樹氷化していてそれにもまた感動をした。

時間が無い時はこの三国山山頂展望台で折り返すのだが、お昼ご飯を瀬戸市街地で食べる時はもう少しだけ足を伸ばす。 三国山を下り、県道112号、19号を経由して林道へと進む。

 

大好物の林道へ

開けた景色はないものの木々に囲まれた山中を走るのはやはり気持ちが良い。そして車にも人にもほぼ出くわすことのないこの道は僕らの大好物だ。 この間、基本的には東へと向かって走っているのだが、程よいところで南へ舵をとり再び県道19号へと入り、瀬戸市街地へと戻っていく。

 

見頃だった四季桜

ちょうどこの頃は四季桜の時期で、所々でその白く小さなかわいらしい花を咲かせた木々を見ることができた。 春に見る桜と比べると華やかさにはかけるが、慎ましやかな美しさがある。

瀬戸のご飯どころはいろいろあるのだけれど、ここ最近のお気に入りは陶生病院近くの定食屋”なすび“。 どのメニューも旨いのだけど、オヤジさんの人柄が最高だからこそついつい足を運んでしまうのだ。

これが僕らの定番ルートの一つ。

近場でいいところないかなぁ〜って探している人はぜひ足を運んでみてください!

yanakku
柳瀬公識

サークルズ歴と自転車歴はだいたい同じ。 通勤をメインに自転車を利用するようになり、それまで車や公共交通機関を利用して足を運んでいたいろんな場所へ自転車で赴くように。 それからメッセンジャーなども経験しつつ、今ではロードバイク・マウンテンバイクと様々なアクティビティを楽しんでいる。
柳瀬公識の記事一覧