2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

【クリティカルマス名古屋】
自転車の明るい未来をみんなの力で!

僕は学生時代約10年間、陸上競技に力を注いでいました。様々な種目を経験することからはじまったのですが、跳ぶことに魅力を感じ、また得意だったこともあり、2年が過ぎた頃に走高跳に専念することとなりました。 しかし、得意だと思っていたものの最初の試合は散々な結果でした。 性格上、どちらかといえば早く結果がほしい人間なので、その試合の翌日には1日で60本くらい跳躍練習をしたこともありました。

その時恩師は、地道な準備をし続けたその先に“変化”があるのだよと僕に伝えてくれました。 結果を出すには積み重ねた日々の努力が必要だということです。

このまま続けると何だか自伝を書いてしまいそうなので本題へとまいりたいと思います!

さて、今回僕が皆さんにご案内したいのは、今年から毎月最終金曜日に行われてるクリティカルマス名古屋についてです。

クリティカルマスってどういうものなの?

まずクリティカルマスとは?という声も聞こえてきますので、ほんの少しご紹介をさせていただきます。

クリティカルマスは、1992年にアメリカはサンフランシスコで生まれました。
一般的に、都市における自転車利用者の地位向上や自転車利用促進を訴えるために街中をアピール走行する市民運動であります。

車社会との矛盾をなくしたい!

クリティカルマス名古屋は、その運動に強く共感したデイジーメッセンジャーの嶋崎 出氏が発起人となり、車中心の街を少しでも多くの人が正しく自転車で走る事ができるように、その在り方を”変化”させていきたい!と、毎月最終金曜日の約束として開催される事になりました。

もっとつながりの輪を

すぐに結果が出るわけではありません。陸上競技から学んだ事と同じように、僕たち私たちができることを少しずつ表現していき、自転車という乗り物にまたがって、この名古屋から発信するそのエネルギーを次の世代、さらに次の世代へと大きな輪になるように広げて行きたいのです。
まずは今回を皆さんと一緒に作り上げていくことが第一だと思っています。少しでも興味を持って頂けた方は是非ご参加ください。

クリティカルマス名古屋

日時: 2月28日(金曜日) 17:30〜  ※18時にスタートいたします。
場所:久屋大通 希望の広場
持ち物:ライト、ヘルメット

車種・年齢・性別・国籍不問、1人でもグループでも、どなたでも参加できます。
名古屋市内を5〜7kmくらい、一時間ほどゆっくり走るのでママチャリでちょうどいいぐらいだと思います。

そしてこの日は大事なイベントがもう1つ。シムワークスレーシング赤松 綾ちゃんとフォトグラファーNobuhiko Tanabe 氏によるトークイベントも”on your mark”してますので、クリティカルマスの後は是非ともHedgehogdinerへ足をお運びください。こちらは18時30分開場となっております!

世界選手権トークショーの詳細はこちら
https://circles-jp.com/blog/99922/


関連記事