色々な色のリム – SimWorks by Velocity Standalone 001 Rim

我らがSimWorks / シムワークスより朗報です!

気がつけばもう長い付き合いになっているアメリカのリムメーカーVELOCITY / ベロシティーとの協業で生まれた新しいリムライン。SimWorks by Velocity “Standalone 001 Rim”がリリースになりました。

30mm幅、タフなツーリング用、チューブレス対応、アイレット付き、米国製

MTBやアドベンチャーバイク用のリムとしてサークルズでも最も人気のあるリムのひとつ、クリフハンガーをベースに生まれたこのリムは、グラベルバイクやアドベンチャーツーリングで悪路を走破してもびくともしない強さが特徴です。その機能の一つであるアイレットについてはSimWorksのリリースで書かれているので、サークルズでは久々に登場したカラーリムに注目してみました。

もしこの世に白と黒の靴しかなかったら…

レースに勝とうとするならば、黒いカーボンのリムが性能的に一番良さそうです。しかし、サークルズ的な、愛着を持って長く付き合える自転車を組み上げるには、やはり色のバリエーションも重要なんです。

かつて色に溢れた時代もありましたが、効率や商売をまじめに考えられるようになった結果、どんどん色数は減ってきました。クリスキングのようなメーカーが個々のこだわりに支えてくれている他、シマノGRXシルバーのような、ビッグメーカーの情熱により、なんとか色のバリエーションが残されています。

そんな中、今回リリースされたスタンドアローン001は4色。ブラックとシルバーの他に、青みがかったグレーとオリーブのラインナップ。

SIMWORKS BY VELOCITY Standalone 001

特に気になるのはオリーブ。塗装ではなくアルマイトで深い緑の上品な感じは様々な中間色系バイクに合いそうです。久しく忘れていた、リムからバイクが生えてくる感じが楽しみです。これはスポークやペダルに続くSimWorksからバイクメカニックへの挑戦でもありますね。

このリムが世界に広まって個性たっぷりに組み上げられるのが楽しみです。ぜひ #swStandaloneタグと#SimWorksでシェアして欲しいです。

もちろん、サークルズのホイール組み部門「ゴリラスパン」でも扱っていますので、ぜひオーダーしてください。一緒にやばい一台を組みましょう!


SIMWORKS BY VELOCITY Standalone 001

RIM SIZE: 26″ / 650b
DRILLINGS: 32h
WIDTH: 30mm
HEIGHT: 21.6mm
TIRE INTERFACE: Clincher/Tubeless

Avatar photo

Circles
Circles

名古屋の自転車屋、Circlesです。This is Circles Bike shop in Nagoya Japan.
Circlesの記事一覧