【HUNTER CYCLES】前傾姿勢をとるか、楽な姿勢で乗るか、ハンドル選びで迷ったらこれ!

ハンドルって星の数ほど種類がありますよね。
そう、自転車乗りは、星の数ほどあるハンドルを探す旅に出ているのです。
そんな僕の旅にしばらくの休息を与えたのが、HUNTER CYCLES Smooth Move Bar / ハンター サイクルズ スムース ムーブ バー です。
ちなみに、取り付けている車体は、MASHの街乗りトラックバイクです。

真上からみたらこんな感じ

バックスイープって何?

スムースムーブの特徴は大きめのバックスイープがあること。下の比較画像を見て欲しいのですが、つまりハンドルが手前に戻ってくる量が多いのです。このおかげで、乗車姿勢が前のめりにならず、手首に体重がかかりにくいので楽なのです。

今まではバックスイープのあまりないフラットハンドルを使用していました。角度があまりないハンドルは速度が出しやすくて乗っていて楽しいですが、如何せん(体重の重いぼくは)姿勢と手首が辛いと感じていました。

ところがバックスイープの角度の大きいこのハンドルにしたらあら不思議、痛みが消えたのです!(笑)

バックスイーブの比較画像を用意してみました。少しの角度違いでかなり変わりますよ。

主なフラットハンドルの比較

ライズも選べるスムースムーブ

スムースムーブはハンドルの上がり加減(ライズ)が選べます。ライズが大きいほど上体が起き上がって楽な乗車姿勢になります。

前のめりの速度感と楽な乗車姿勢のバランスを考えた結果、僕はローライズを使用しています。
より楽な姿勢でゆったりと乗りたい人にはハイライズがおすすめ!

同じバックスイープでライズ違いが選べるのがスムースムーブ。自分のライドスタイルに合わせて最適なハンドルを探してみましょう。

本来ならMTB用のハンドルですが、アップダウンやスピードを楽しむのは街乗りも同じ。ハンドルの相性がぴったりきたら抜群の使い心地を発揮してくれます。

がんちゃんのMTBにもスムースムーブのローライズ!

【HUNTER CYCLES】
Smooth Move Bar / High Rise
Smooth Move Bar / Low Rise

Color: Black , Silver
Width : 780mm
Center Diam. : 31.8mm
Price : ¥14,080(税込)

このハンドルを設計したのはリック・ハンター。バックスイープ15°というのは彼が到達したひとつの最適解であり、乗車姿勢はライズで調整するというのがこのハンドルバーの設計思想です。

この15°の恩恵、街乗りバイクで前傾過ぎると感じる人や、フラットハンドルの迷宮で彷徨っている人には是非試して欲しいです!

Avatar photo

asai
浅井大晴

浅井です!セールスとメカニックとして働いています! ひたすら遠くまでいくのが好きなのでロングライダーの方はご一緒にどうですか!笑
浅井大晴の記事一覧