2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

雨の日に役立つアイテム特集

 
 
まだまだ続く梅雨の時期、雨の日のライドは億劫になってしまうかもしれませんが、対策次第では快適に雨の日のライドだって楽しむことができます!
 
雨の日に自転車に乗る上では、泥除けはもちろん、レインウェアもとても重要になってきます。 もちろん自転車に乗っている時の使用に特化されたものもありますが、あらゆるシーンで活躍するようなものも中にはあるのです。 サークルズが独自の視点でセレクトしているアイテムと、雨の日に役立つ定番アイテムをうまく組み合わせて、梅雨空に負けずに清々しい気持ちで日々のライドを楽しみませんか?!
 
というわけで今回お送りするのは、雨の日に役立つアイテムを特集!
 

アメリカ北東部ロードアイランド州の中心都市のプロヴィデンスに位置する、CLEVER HOOD / クレバーフードは、生地から縫製に至るすべてをアメリカ国内にて供給、製造しているストリートケープ・メーカーです。
 
長年アメリカ国内の繊維業界やファッションデザインに携わってきた専門家がチームを作り、現代の自転車生活者にマッチするようデザインされた最新鋭のレインケープと言えます。
 

 

使用されるのはコーデュロイやハウンズトゥース柄などいずれも高い防水性(10,000mm/㎡)を持つファブリックたち。 またいくつかのモデルは3M社の反射素材を生地に織り込んだものを使用して夜間でのライド時での使用も考慮されています。
 
雨を遮りながらも視界を確保できると同時にヘルメットもスムーズに着用できるフード形状のおかげで、荒天時においても快適に自転車に乗ることのできる高い機能性を備えています。

 

一般的なレインケープと異なる特徴して挙げられるのが、マグネットを使用したハンドホールや、乗車時に親指にかけて使用するループなどのディテール。このあたりは自転車乗りに優しいデザイン。 長い距離を走ったり、スピードを出して走るようなシチュエーションまではさすがに想定していませんが、通勤や街への買い物といった日々の自転車での移動時に、のんびりツーリングに出かける際にも便利なアイテム。 フルフェンダーのバイクと組み合わせれば通勤などの短時間のライドにおいては下にレインパンツを履かなくても雨を気にせず乗ることができますね。
 
実際に夏になると、クレバーフード + 短パン + サンダル + フルフェンダー で通勤しているスタッフもいます。
 
そして、クレバーフードの特筆すべき点は、自転車だけでなく、雨の日の散歩や野外フェスなどでも使えるということ。 普段着の上から羽織っても違和感のない落ち着いた佇まいなので、常にカバンの中に忍ばせておきたいもの。 ご夫婦でシェアしたりするのも良いですね!
 
 
続いては雨の日のレインパンツについて。
 
皆さんはどんなものを使っていますか?
 
私自身はアウトドアメーカーから出されているレインパンツを長年愛用していましたが、自転車の場合はチェーンに巻き込んでしまったり、激しい動きの中で消耗も早かったりして、過去に何本も潰しては買い換えています。 特に自転車だと汗をかくことも多く、レインパンツの内側の生地に皮脂汚れがつくことで生地の消耗が早くなってしまうというのも個人的には一理あると思います。
 
そんな中で見つけたのが、これ。
 
 
GORE BIKE WEAR / ゴア バイクウェアからリリースされているWind Stopper Rescue Short。 使用される素材はもちろんGoreTex社製のものがメインとなるのでそのクオリティは折り紙付き。 しかも自社の素材をそのまま使用できてしまうのので、他のブランドがリリースする同レベルのアイテムよりもコストパフォーマンスに優れたアイテムを生み出しています。
 
そんなゴアバイクウェアのリリースするレスキューショーツ、完璧な防水仕様というわけではなく、あくまで防水性を備えた簡易のレインウェアという解釈ですが、長時間のライドを除けばかなり役に立つアイテムだと思います。
 
 
GORE® WINDSTOPPER®を用いているということで、防風性はもちろん、効率よく熱を逃がすように作られており、実際に履いていても蒸れて不快な思いをすることはなく、伸縮性を持った通気性の高い素材を股下部分に配置することでペダリングをしていても自然な動きを約束します。
 
防水性も高いので、雨の日はもちろん、雨上がりのライドや、例えばコースコンディションの悪いシクロクロスレースの試走、さらにトレイルライドでも活躍します。
 
 
個人的にとても気に入っているのが、上記の機能を備えながらも、パッカブル仕様になっており、コンパクトに折りたたんでバッグなどにしまっておける携行性の高さ。 天候が読みきれない日や、急な雨にも対応できるので、いつもカバンの中にしまってあります。 もちろん自転車以外にも、ハイキングやランニングでも使えますね。
 
 
写真は私の雨の日の通勤スタイル。 Bedrock Sandalsと合わせて雨の日の通勤でとても重宝しています。
 
ショーツということで、さすがに冬時期は厳しいですが、春から秋口まで活躍するアイテム、またOMM BIKEの必携装備でもある防水パンツとしても十分に機能を果たすので、レインパンツ選びに悩まれていた方にとって魅力的な選択肢になると思います。
 
人それぞれ雨との付き合い方は異なると思いますが、フェンダー・レインギアについては備えあれば憂いなし。 どうぞお気軽にご相談ください!
 

Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント