Shige’s Bike その弐。

Hunter CX

 

Shige’s Bike その弐。

 
次に紹介するバイクは、一番戦っているバイク。
関西シクロクロスでC2に昇格したのを機に乗り始めたこのバイクは、C1に昇格した今も現役バリバリで乗っています。
昨シーズン、リペイントをしてHunter SimWorks CX TeamのTeamカラーとして勝手に命名しました。このカラー、とても気に入っています。

レースバイクではありますが、普段の通勤や休日のライドの相棒でもあり、先に紹介した探査機ロードのレーダーに引っかかったけど、ロードじゃちょっと。なんていう道はこいつの出番がやってきます。
CXシーズンはHed Belguim & Chris King R45のホイールに換えて使います。タイヤはもちろん、Dugast。
 

-BIKE SPECS (写真はGentlemen’s Race仕様)-
Frame Hunter Cycles CX
Fork Alpha Q CX
Headset Chris King NTS (OS)
Hubs Chris King Classic Hub 32H
Rims DT Swiss RR1.1 32H
Spoke DT Swiss Champion
Tire Challenge Paris-Roubaix 700-27c
Handle SimWorks Misirlou 390mm
Stem Thomson X4 90mm
BarTape Lizard Skinz 3.2mm
Saddle Fizik Gobi
SeatPost Thomson Elite Set Back
STI 105 5600
Brake Paul Neo-Retro/Touring Canti with Hunter Nugz
Crankset 105 5700 170mm 46-36T(Sugino)
BB Chris King
FD Dura-ace 7800
RD 105 5600
CS 105 5700 11-28T
Pedal Crank Brothers Egg Beater

 

Ikeyama Toyoshige
池山 豊繁

Circles / SimWorks / CWD 学生の頃のメッセンジャー・サークルズでのアルバイトを経て、今に至る。 サークルズスタッフ最年少を公言していたが、今ではニュージェネレーションも加わり古参の存在。 でも身長は最小です(#163cmですがなにか)。 CXレース経験もありますが、今はのんびり瀬戸のグラベルを走ったりするのが専らで、過去の面影はどこへやら。自転車で釣り場にアプローチするBikeToFishingのスタイル研究にも余念がない。
池山 豊繁の記事一覧