2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

【RIDEALIVE in 山梨】
唯ひたすら登るのです。

 

 
名古屋から甲府までの道のりは3時間弱。 思ったていたほど遠くない事もあり、RIEALIVE in 山梨の準備と称し、自然の中に身を投じ、自分が楽しむために今年は何度も足を運んでいます。もちろん昨日も先週の木曜日も2週続けて…。
 
先週は、日程の中で一番の難所となる初日のライドルートをアンバサダーであるSUNDAY 石川氏RawLow Mountain Works 谷口氏TORAYA Equipment 浦壁氏に私とメインイベンターである4人で走って来ました。 ちなみにこの前の晩は夜更けまで飲み続けたゆえ、若干頭はぼんやりしていましたが、これもまた楽しみの1つであったりもします。
 

石川氏と浦壁氏は以前の試走でクリアしたという前半に訪れる坂道は、やはり厳しく、のんびり休憩をし、自転車から降りて押して歩いたりと、無理せず時間をかけて登る事に。 時間的に無理をする必要もありませんし、何かを競っているわはありませんので、厳しい坂道でも楽しみながら登れます。 ちなみにこの最初に訪れる難所、出発地点の甲府駅(標高約300m)から下りは一切なく、10km強の道のりで標高1000mくらいの地点に達します。 でもそこまで辿り着けばもう安心、おそらく…。
 


その後は気持ちの良い、緩やかなアップダウンが続く林道を走り続けます。 もちろん登り基調ではありますが、木々の合間から時折見える山々の景色はとても綺麗で、疲れた心と身体を癒してくれるはず。
 

 
登りが大っ嫌いな谷口パイセンも大満足!? 仲間と一緒に、無理せず走ればきっと楽しいはず。 走り切ったの達成感も十二分に味わってもらえるでしょう。
 
そしてその夜は、SUNDAYさんの店舗でもケータリングサービスを行う事の多い、山遊びの達人でもある孤高の料理人クボヒデさんの振る舞う料理、そして山梨県に醸造所を構えるFAR YEAST BREWING COMPANYさんのクラフトビールをご用意。 疲れた体に沁み入る事この上なく、夜も盛り上がる事間違い無し!!!
 

 
現在定員にもまだ空きがございます。
エントリー受け中ですので迷っている方はぜひ!!!

RIDEALIVE in 山梨 〜野暮れ山暮れ〜

詳細&エントリー

 
 

Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント