2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

【RAL meets DEEPER’S WEAR】
Mofu Player Over Shirt
暖かく包み込んでくれる冬の1着


 
汗などの水分を素早く吸い込み、素早く乾くFAST PASS、どんな動きに対してもストレスフリーな伸縮性を備えたHIGH KICKなど、表現されるシンプルなカジュアルウェアとしての装いから想像できない、優れた機能性を備えるDEEPER’S WEARの品々。 「あたりまえを、あたりまえにしないモノづくり」を理念に、「新しい普通」となるそれらは、新製品が登場するたび、私たち予想の斜め上をいくもので、いつもいつも驚かされてしまうばかり。 Circlesスタッフはもちろん、一緒に遊ぶ仲間やイベントや良くあう人々など、毎日あたりを見渡せば必ずと言っていいほど彼らのアイテムを身に纏っている人がいます。

そんなDEEPER’S WEARが、冬を快適に過ごすための「軽くて暖かい」をテーマに新たなシリーズとして昨年リリースしたのが、Mofu / モフ シリーズなのですが、RAL meets DEEPER’S WEARがこの冬にお届けする新作は、ウールとコットンを織り交ぜ、特殊な技法によって生み出されたこのMofuを活かした、Mofu Player Over Shirtです。
 

 
一昨年にリリースしたDefender Shirtをベースに、より快適な冬のアクティビティライフを送ることができるようにパターンをアップデート。 Tシャツやシャツの上からシャツのように羽織ることはもちろん、スウェットやニットの上からジャケットのように羽織れることができ、さらに生地の持つ優れた伸縮性を活かし、様々な動きにスムーズに対応します。 長めに設定された袖はライディングポジションを取ったときにも手首を冷たい風から守り、ハンドポケットはしっかりと手を温めてくれます。
 

 
またサイクルウェアのアイコンとも言えるバックポケットは、古くから伝わるハンティングジャケットや、フィッシングジャケットに備わるものと同じように大きな収納スペースを持っているため、ちょっとしたおでかけであれば、お財布、スマートフォン、鍵などを収納する事ができ、バックを持つ必要もないほどです。 そして、自転車に乗っていると特に気になる冬の冷たい風。 少しでも和らげれるように前身頃には薄手の生地を内側に備えています。
 

 
そしてなにより素晴らしいのはその軽さと暖かさ。 ウールは保温力には優れているのですが、繊維を密に編み込み、しっかりとした厚みを持たせるとどうしても重くなってしまいます。 ボリュームのあるニット、メルトン生地のCPOやPコートなどを1日着ていると動きづらいし肩が凝ってしまう。 そんな経験をした事がある人も多いのではないでしょうか。 このMofu Player Pver ShirtをはじめとするMofuシリーズは、そんなストレスを解消できるもの。 ウールと綿の混紡素材を国産スウェットの産地、和歌山でスウェット生地に編み上げ、大阪は泉大津市の毛布工場に設置されている専用の機械を使い、裏地部分の糸をひっかき起こし、肌にあたる面の毛足を極限まで膨らませ、柔らかくふっくらとした独特の風合いに仕上げられています。
 


【RAL meets DEEPERS’ WEAR】
Mofu Player Over Shirt

Price : ¥22,800_(税抜)


 

それはまるで毛布のような温もりを感じさせてくれるもの。

寝る時だけでなく、出掛ける時に身にまとう毛布。

Mofu Player Over Shirtは軽くて暖かい、毎日身に纏いたくなる1着に仕上がりました。
 
ぜひ冬のワードローブに加えて頂けますと幸いです。

 

関連記事