2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

【2019 KONA BIKES】New Trail Standard “BIG HONZO”

コナの歴史に “ホンゾ” 有り。

コナのハードテールマウンテンバイクといえば “ホンゾ” と言うぐらい、世界中のマウンテンバイカーに愛されるホンゾシリーズに昨年より、もはや今ではトレイルスタンダードとなった27.5+規格のタイヤホイールを搭載した “ビッグホンゾ” が新たな仲間に加わり話題となりました。

こちらのビッグホンゾも先日ご紹介したユニットX同様、昨年は店頭、メーカー共に即完売してしまった大人気車種でしたが、今シーズンもその勢いは止まらず、すでにメーカーもモデルによっては完売、品薄状態となっております。
そんなホンゾシリーズの中でもサークルズ イチオシなのがこのモデルです!

KONA BIKES BIG HONZO/コナバイクス ビッグホンゾ ¥158,000(税抜)

コナのオリジナルである6061アルミフレームはカスタムバテッド加工を施してパイプの厚みを細かく調整し、応力が強くかかる場所には強度を残しつつ、パイプの厚みを可能な限り薄くし軽やかな走りを実現します。

ドライブトレインはSRAM NX1x11を搭載。フロントチェーンリングは28T、カセットスプロケットは11-42と言うワイドレシオにより上りの状況下におけるポテンシャルも高く、あらゆる勾配のトレイルでその威力を発揮します。

そして昨今のマウンテンバイクフレームの規格では定番となった148mmエンドのBoost規格を取り入れおり、トップグレードクラスに採用されている規格をしっかりと落とし込んでいます。

リムはWTBのSTi35にタイヤもWTBのRanger 27.5×2.8″と、あらゆるコンディションのトレイルライドにも適応可能。そして、もはや言うまでもなくチューブレスレディ対応となっております。

そして何と言ってもこのビッグホンゾには、昨今のトレイルライドには必須アイテムとなったドロッパーシートポストが標準装備されています!

マウンテンバイクでは坂の上り下りを頻繁に繰り返す場面があります。
上る時には通常のサドル高で上りますが下る時はサドル高を下げ、腰を浮かせた状態で下る方がバイクをコントロールしやすいのです。そんな時に活躍してくれるのがこのドロッパーシートポスト。

目線を変えずハンドルに取り付けた専用レバーでサドル高の調節が可能です。
下りのシュチュエーションではバランス取るために腰を後方へ引き、大きなアクションをとりやすい体勢にするのですが、通常のサドルの高さだとサドルがその動きの邪魔をして股やウエアにサドルが引っかかり、転倒の危険を伴う恐れもあります。

したがってサドル高を自由に調整できるドロッパーシートポストが装備されている事により、下りの危険性を回避し、快適にライディングに集中する事ができるようになったのです。

ファーストマウンテンバイクをお探しの方から、次の1台をご検討の方まで、コナが提案する27.5+規格のハードテールマウンテンバイクの決定版 “ビッグホンゾ” はこれからのトレイルライドシーンにおいて大活躍すること間違いなしの1台です!!

在庫残りわずかですのでお早めに!!

キーワード

関連記事