2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

【RAL meets holk】
軽くて暖かい冬のためのシャツ

11月も半ばとなり、街の木々も赤や茶に衣替えをし始めようやく冬の訪れを間近に感じられるようになりました。それと合わせるかのように朝晩の冷え込みは厳しくなり、あたたかな陽の光が溢れる日中でも温かみのある1着を羽織りたくなってきました。

私たちが仕事からライドやハイキングまで、その全ては遊びだという考えのもと、いついかなる時も着たいと思えるシャツとしてリリースしたRAL meets holk / Player Shirt

私たち自身、毎日着るシャツとして欠かす事のできないものとなっているのですが、今回は新たにチェック柄のウール生地を使用したPlayer Shirt Woolを新たにご紹介できる事となりました。 カラーはネイビーベースとグレーベースのチェック柄、使いやすさと品の良さを兼ね備え、この季節に腕を通したくなるシックな2色の展開となっております。

 

ウールとポリエステル混紡の軽くて丈夫なシャツ

使用する生地は、ウールとポリエステルがブレンドされた使い勝手の良い適度な厚さのものです。 暖かさを感じてもらう事ができるのはもちろん、様々なシチュエーションで活躍する軽さと耐久性も兼ね備えています。

 

動きやすさを求めたシンプルなパターン

パターンはこれまでのPlayer Shirtと同じです。 身幅やアームホールの広さなどの細かなサイズ調整や、ヨークの高さやダーツの取り方など、シャツ自体のパターンそのものですべての動きやすさを実現しています。

 

長めの袖とゴム製のボタン

袖丈の長さにもこだわり、グッと手を前に伸ばした時にもほど良く手首が隠れるようになっており、冷たい冬の風をガードします。 またカフスは細くすることで、暑くなって来た時、何か作業をする時などに簡単に袖をまくり上げれることができます。 ボタンはラガーシャツに使われるものと同様にゴム製を用いることによって万が一の破損時においても怪我を防ぎます。

 

上品な面持ちと土臭さを併せ持つ柄

秋から冬のワークウェアやカジュアルウェアとしてのイメージを持つウールシャツは、ペンドルトンやウールリッチを代表とする、秋冬のアメリカンカジュアルの代表とも言え、上品で落ち着いた面持ちと土臭さを併せ持ちます。

 

欠かす事のできないバックポケット

もちろんこのシャツにも、サイクルウェアの大きな特徴であるバックポケットが備えられています。 鍵やスマートフォンなど頻繁に出し入れを行うアイテムを収納しておくにはとても便利。 しっかりと深さもあるので収納品が落ちてしまうという心配もありません。

 

【RAL meets holk】
Player Shirt Wool

Color:Navy, Grey
Size:XS, S, M, L, XL
Price:19,800円(税抜)

繰り返し着る事で現れる表情

このようなウール素材のシャツを着たことがない方も多いかと思いますが、特に繊細に扱って頂く必要はなく、シャンブレーシャツと同じように洗濯を繰り返しヘビーローテーションで着て頂きたいです。 そうして現れる生地表面の毛羽立ちや毛玉もその証として愛着が湧いてくることでしょう。

 

軽めのアウター感覚としても着ることのできるシャツ

また通常のシャツのようにT-シャツやカットソーの上に軽く羽織り、スウェットやニットのインナーとしても着て頂く事ができるのはもちろんなのですが、ワンサイズ大きめのサイズを選び、スウェットのような少し肉厚なウェアの上にアウター感覚で着てもらう事もできます。

ウール素材を使ったシャツはずっと私たちが望んでいたものでした。 今までリリースしたRAL meets holkのアイテム全てに言えることなのですが、holkの山本さん無しには実現するのは不可能だったと思いますし、今回選んだ生地をとても丁寧な仕事でシャツとしてかたちにして頂いた職人さん達にはただただ感謝するしかありません。

とにかく今シーズンはこのシャツをこれでもかと言うほど着込もうと思っていますし、ぜひたくさんの人達に袖を通してもらいたいと思います。

関連記事