来店予約はこちら

【2023年始ライド】とりあえず行ってみよう!も、いいもんだ!

2023年1月3日、今年も初ライドを楽しむことができた。いつもは定番の瀬戸スタートのルートだけれど、今年はちょっと足を伸ばして鈴鹿山脈と養老山地に囲まれた岐阜県大垣市上石津町へ向かった。

名古屋を出る時はそこそこ良い天気だったけれど、目的地に近づくにつれ雲行きが怪しくなってくる。

集合場所で雨雲レーダーと睨めっこするも、時間が経つにつれ悪くなる予報。 それでも向かう林道を走ってみたいという欲求と「雨じゃなくて雪ならOKでしょ!」っ前向きな気持ちが勝り「とりあえず…行ってみよう!」と予定通りスタートを切った。

予想通り、小雨や雪パラついたりしたけれどやっぱりそんなのはどうって事ない。時おり太陽も顔を出してくれたりし、空模様がコロコロ変化するもんだから、もしろその天候の移り変わりを楽しんだりもできた。

向かった林道は、進めば進むほど積雪が増し、空の雲もどんどんと厚くなってきたのが伺えたので、途中でひき返す事に決定。もちろん、このまま終わっては勿体無いのでそこから走れそうな面白い道を探すことに。

どうやら東側の、向かいの山地のに程よい道がありそうな事をマップで発見、行く先のことはよくわからないが、「とりあえず…行ってみよう!」だ!

地図からも読み取ることができた急勾配に自転車を押す場面も多々。 さらに、こちらも雪が深くなってきたこともあり途中で断念。予想以上に時間もかかった事もあったし、夕方からの予定もあったのでこの日はこれで終了。しかし、当初走ろうとしていた林道も遠く望む事ができ、次こそは、と強く胸に誓うのであった。

「とりあえず…行ってみよう!」っていうのはなかなかお勧めできる事ではないけれど、それでもその場その場の状況に臨機応変に対応し楽しめるのが、ある程度の機動力を持った自転車の醍醐味の一つだと思う。

もちろんしっかりと行程をたててライドを楽しむのが良いのだろうけれど、偶にはこんな「とりあえず…行ってみよう!」も面白い。

次はしっかり行程たてて、リベンジライドである。

今回走ったルートが知りたいという方は、お店でこっそりお伝えしますね。


寒さや悪天候もウェアをしっかり装備すれば恐るに足らず。もちろんこの日のライドもRAL Tonbo Jacket / ラル トンボ ジャケットを着ていた。


登りが続くと暑くなってくるのだが、フロントのダブルジッパーと脇のベンチレーションを上手く使用すれば快適に。 もしろ下りや休憩中の寒さを和らげ、加えて小雨や少しの雪くらいであればしっかり防いでくれるので、とても安心だ。 来週から気温がグッと下がり、また寒さがますようだ。 そんな寒さに怯えて自転車に乗ることを躊躇しそうにならないためにも、このRAL Tonbo Jacket / ラル トンボ ジャケットいかがです?

サイズで悩んでいらっしゃる方はこちらのブログをチェック!

Avatar photo

yanakku
柳瀬公識

サークルズ歴と自転車歴はだいたい同じ。 通勤をメインに自転車を利用するようになり、それまで車や公共交通機関を利用して足を運んでいたいろんな場所へ自転車で赴くように。 それからメッセンジャーなども経験しつつ、今ではロードバイク・マウンテンバイクと様々なアクティビティを楽しんでいる。
柳瀬公識の記事一覧