Maxxis “Ardent” Skinwall Tire in stock!!

DSC_1962

Maxxisの”Ardent”というモデルのタイヤは、オールマウンテン向けのアグレッシブなパターンを持った、同ブランドの中でも定番のモデル。しっかりとしたサイドノブによるグリップ感と、大きく開いたセンターノブにより泥詰まりのしにくいとてもバランスのとれたタイヤです。

DSC_1957Maxxis “Ardent” 29×2.40″ ¥6,400(税抜)

アンテナを張り巡らしている方はご存知だったかもしれませんね。アメリカではサイドスキンカラーが流通しているという事実を。。。
というわけで今回は、本来国内で展開されていなかったブラック/サイドスキンカラーが数量限定の入荷です!

DSC_1959

もちろんビジュアルだけではない優れたタイヤはマウンテンライドをとても楽しいものにしてくれるのはもちろんですが、2.4″というボリュームを感じさせない転がりのスムーズさで、ダートツーリングやアドベンチャーライドにもオススメなタイヤです。

DSC_1952(※こっそりSimWorks リョウタ氏のHunter “Swamper”に突っ込んでみたらメチャクチャカッコ良くなりました)

サイドスキン(Skinwall)カラーのタイヤとしては珍しい、29×2.40″というサイズ設定なので、Surlyの”Karatemonkey”や”Ogre”、Salsaの”El Mariachi”ユーザーには是非ともおすすめしたいタイヤです!

Avatar photo

Ikeyama Toyoshige
池山 豊繁

Circles / SimWorks / CWD 学生の頃のメッセンジャー・サークルズでのアルバイトを経て、今に至る。 サークルズスタッフ最年少を公言していたが、今ではニュージェネレーションも加わり古参の存在。 でも身長は最小です(#163cmですがなにか)。 CXレース経験もありますが、今はのんびり瀬戸のグラベルを走ったりするのが専らで、過去の面影はどこへやら。自転車で釣り場にアプローチするBikeToFishingのスタイル研究にも余念がない。
池山 豊繁の記事一覧